カテゴリ:お江戸散歩( 11 )

大恐竜展

恐竜を見に行きました。
大恐竜展@国立科学博物館
↑(注意)このHP、恐竜が走っているような音が鳴ります。

博士の「知育」のおかげで大人になってからも色んな事に興味を持っています。(笑)
いやはや世の中には不思議で面白い事がいっぱいです。

開館時間を狙って早くに行ったのですが、すでに大行列。
恐るべし恐竜の集客力。

阿修羅展ルーブル美術館展など目玉展示会が目白押しの上野の森はどこも大行列!!
最近美術館がブームと聞いていましたが、本当にビックリするぐらいの人気ぶりでした。
ちなみにネットの情報によると阿修羅は「イケメン8頭身」らしいです。

b0011068_20214113.jpg

さて、大恐竜展。
萌えました。なんだかロマンを感じてしまいました。
ハーモニカみたいな歯を持つ恐竜の復元があったり、恐竜の赤ちゃんの化石があったり。
アマグリ大興奮です。思いっきり童心に返って恐竜三昧です。
恐竜はどうして全滅したのか?
本当はどんな色をしてたのか?
う〜ん、不思議だ。ロマンだ。

b0011068_20283873.jpg
骨骨ボーン!!
本物の恐竜の化石も触れます。

大混雑でしたが、じっくり展示会を見てアカデミックな気分。
この大恐竜展、博物館には珍しくフラッシュさえたかなければ撮影も可でした。(一部撮影不可の場所も有)

さて、、その後。
b0011068_20345275.jpg
ちょっと休憩しただけ。
もつ焼きで一杯@上野アメ横の大衆酒場。
思わずフラフラ〜と入ってしまいました。
うん、やはりコレも(が)必要(笑


b0011068_20444753.jpg
日本の美術館名品展@東京都美術館のポスターで「レオナルド フジタ」の「私の夢」と言う絵を見てからどうしても本物を見たかった!
美術館をハシゴしました。

正直、専門的な事も、絵に秘められたメッセージや画家のバックグラウンドも全く知りません。
でも単純に「この絵が好き!」と思えた久しぶりの絵です。
繊細な肌色(乳白色)の裸婦像と周りを囲む表情豊かな動物達の絵。
なんとも不思議でそして動物達が愛らしい素晴らしい絵でした。
もっと色々知ると更に面白いんだろうけどな〜

b0011068_20593185.jpg
上野東照宮の牡丹園も軽くお散歩。
将軍様の牡丹だぁと勝手に想像して楽しみました。

たまにはこういう一日もいいものです。

ま、結局この後更に飲みに行ったのですが(笑)
アカデミック半分、飲んだくれ半分の楽しいGWの一日でした。

次に興味があるのはコレです。→市原ぞうの国ぞうさんの鼻にぶらさがれるそうです。あああ〜行きたい〜!!
[PR]
by amaguri-306 | 2009-05-07 20:54 | お江戸散歩

またまた下町散歩

週末、名古屋から友人夫婦が遊びに来てくれた。
土曜日の夜は我が家で宴会。そして日曜日は皆で下町散歩に出かけた。

駒形どぜう→浅草寺
11時開店と共に駒形どぜうでランチ。意外と人気あるから早めに入店が吉。
どぜう鍋は「まる」と「さき」を頼む。骨まで柔らかく、臭みが無い美味しいどぜう。七味や山椒をぴりりと効かせたどぜうを口に入れると、とろけるように美味い。冷やの升酒でのどを潤しながら江戸の風情を楽しむ。
駒形どぜうを後にし、浅草雷門を目指す。
焼きたてのせんべいを買い食いしたり、仲見世を冷やかしながら歩いて浅草寺でお参り。浅草寺隣にある(三社祭で有名な)浅草神社にもお参り。
お参りの後はアマグリおすすめの手ぬぐい屋さんふじ屋や染物屋さん染の安房を案内。染の安房さんでは手ぬぐいを使ったアロハシャツ等があっておすすめである。(博士はこのシャツが大好き。秋色の新作アロハシャツを発見!次回購入か?)

☆浅草寺→待乳山聖天→桜橋
のんびりふらりと待乳山聖天まで散歩。時代小説にも良く出てくる待乳山聖天は1410年目の改装中。美しい建物をちゃんとみせてあげたかったが残念。
その後桜橋までさらに散歩。大川(隅田川)に吹く心地よい風を感じながらいよいよお八つの時間である。

☆お江戸スウィーツ
長命寺の桜餅言問団子は江戸時代からの名物である。時期によってはうっすらと行列も出来るらしい。江戸の味を今でも守り抜くこの二つの店は道を隔ててお隣さんだ。昔は長命寺をお参りした帰りにきっとここで一服したのだろう。
今回はこの桜餅(煎茶付き250円)と団子(煎茶付き550円)の店をはしごして楽しんだ。
美味い!普段甘いもの食べないけど、これは美味いと思った。
濃い緑茶がお江戸スウィーツに良く合う。

☆水上バスが面白い!!
お江戸スウィーツを楽しんだ後は桜橋から東京水辺ラインで両国に向かう。
この水上バスは二階が部分がオープンになっていて、川の風を直に感じながら大川クルージングを楽しめる。広い川と空、新鮮な東京の視界を楽しめる。私も初めて乗ったラインだったが本当に気持ちが良くって楽しかった。意味も無く船上から橋の上の道行く人に手を振ってしまう程気分が良かった。
この水辺ライン、満潮時の影響を受け、船と橋の間が近くなる時があるらしい。二階でクルージングを楽しんでいた私達、橋を通るときは皆しゃがんで橋を通り抜けなければならなかった。おもしろーい!手を伸ばせば橋下が触れてしまいそうであった。非常に面白く、大興奮であった。
桜橋→両国間は200円の船の旅。楽しい時間はあっと言う間にすぎた。

江戸東京博物館
ホームページによると「失われつつある歴史遺産を守るとともに、東京の歴史と文化をふりかえることによって、未来の東京を考える博物館」である。
この博物館、意外と面白い。江戸小説好きの私にはめちゃくちゃ面白い。歴史に詳しくなくても楽しめるように色々と趣向が凝らしてあり面白い場所である。江戸時代の町並みを再現している精巧なミニチュア、渡れる日本橋、復元してある昔の歌舞伎座。体験できる大名籠。千両箱を持ち上げたり、あの火事場の纏をまわす体験が出来たりと面白いのである。しかしあっという間に閉館時間。
江戸時代ばかりを見ていた為、明治や昭和の時代の東京はあまり見れなかった。次回は明治から見ないと(笑)
大人は一人600円。15時までに入館すれば無料ガイドさんが頼めるらしい。おすすめの場所である。

☆両国地ビールとちゃんこ鍋
さあ、夕飯!ビアステーション両国は両国駅に隣接されるレストランだ。両国地ビールなどが楽しめる素敵なところ。飲んだくれの私が良く行く地ビール屋だ。今回ももちろん地ビール3種セットを頼んで悦に浸った。
両国地ビールとちゃんこ鍋をつつきながら楽しく談笑!美味い。楽しい。
友人と過ごすこんな時間は何にも代え難い素晴らしいものだ。
しかしそんな楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまうものでもある。もっと一緒に遊びたいが、友人も名古屋に帰らなければいけない。
楽しかった。ありがとう!
是非是非また遊びにきてもらいたい。次回はまた違う東京を紹介したい!
#下町ツアー参加の皆さん、お疲れさまでした。
[PR]
by amaguri-306 | 2005-10-31 14:53 | お江戸散歩

富岡八幡宮例大祭

b0011068_9504494.jpg
富岡八幡宮例大祭、通称「水掛祭り」に行ってきた。今年は3年に一度の本祭で盛り上がっている。54基の神輿が練り歩き、最後は八幡様をぐるっと囲むらしい。すげ〜!
話には聞いていたが、なかなか見に行く機会がなかった。しかし今回は地元深川っ子の友達がいるので心強い。非常にワクワクである。
b0011068_9514744.jpg
このお祭りの面白いのは担ぎ手と一緒に観客も楽しめるところだ。真夏の祭りなので沿道から神輿の担ぎ手に向かって水をかける。そう、水、水、水で皆ビッショリなのである。せっかくなので多少ぬれるのを覚悟しつつ浴衣を着て行った。
非常に暑いので生ビールを飲みつつ、神輿の到着を待つ。
さて、友達の町の神輿が今年は54基の筆頭、格好良く一番手にやってきた。
b0011068_950237.jpg
ウズウズ。水掛け係のおじさんに頼んでホースを借りて、思いっきり水をかけてきた。(画像は私。)
もう大興奮。面白い。大人で浴衣着て水を撒いているのは周りを見回すと私ぐらいだ。ま、いっか。少し(かなり)濡れたが、真夏の日差しですぐ乾くはずだ。化粧は全部とれたけど気にしない。あああ、楽しい。
そんな熱い女、アマグリ。何故か地元のおじちゃん連に気に入られ、祭りのうんちくを聞かせてもらったり、うちわをもらったりとすっかり祭りを楽しんだ。
b0011068_952622.jpg
2時間ぐらい神輿を見た後、月島に移動してモンジャ&ビールをエンジョイ。
さらに飲んだくれは続く。
b0011068_9504818.jpg
再度夕暮れの八幡様を目指し門前仲町に戻り、八幡様の神輿を眺め、境内の屋台の間を歩いて祭りの気分を存分に味わった。
その後、お茶でも飲むつもりが飲み屋に入り、焼酎なぞを飲みながら祭りの余韻を楽しんだのであった。江戸っ子万歳!!
[PR]
by amaguri-306 | 2005-08-15 09:52 | お江戸散歩

江戸川花火大会

b0011068_9423151.jpg
(携帯で撮影した花火)
昨日は江戸川の花火大会だった。
実家が会場から近いので、実家でまったり時間をつぶしてから夫婦で浴衣を着て花火を見に行った。ぷら〜っとそぞろ歩きをしながら会場に行けるのが良い。大混雑の道を避けられるのも地元の利である。
冷えたビール、枝豆、トウモロコシ、チキンスティックなど、母が張り切って用意してくれたおつまみを持って花火鑑賞。
花火の儚い美しさに胸を打たれつつ、しみじみ日本人に生まれてきて良かったと思うのである。
花火の後は実家で大宴会。これまた母が張り切って準備してくれ、刺身だ!カニだ!トンカツだ!と、それはそれは私達の好物で埋め尽くされていた。倒れるほど食べて飲んだ。感謝。
楽しい夜だった。
[PR]
by amaguri-306 | 2005-08-07 09:42 | お江戸散歩

うえの夏まつり

b0011068_7415622.jpg
お昼過ぎ、夫婦で浴衣を着てふらっとうえの夏まつりに出かけた。
不忍池の周辺で夏の期間中開催される祭り。非常にまったりしたお祭りである。しかしずっと東京に住んでいるが、上野の蓮がスゴい事になっているのを知らなかった…

b0011068_7403394.jpg
まずは御徒町の駅からゆっくり歩き、蕎麦屋で軽く一杯。江戸人らしく蕎麦屋をサロン代わりに利用。固めの手打ち蕎麦、つゆは辛め。(東京育ちの私には辛いと感じなかったけど、多分辛め)蕎麦美味い。そしてひや酒でのどを潤しつつ涼を取る。酒美味い。

さて今回の祭りのお目当ては「蓮見茶屋」。初見参で土曜日がオープン。
蓮が見えるようにこの祭りの期間だけ建設される茶屋で、「江戸風情を感じよう!」と言うコンセプトらしい。午後4時まではお茶、午後5時からはお酒も出してくれる。
もちろん午後5時以降狙いである。
それまで上野の御山を散策したり、ギネスビールを飲んだりしてまったり過ごす。
さて、五時の鐘がなったので蓮見茶屋へ。

b0011068_7411389.jpg
窓側の席をゲット。めちゃくちゃ景色が良い。窓ガラスは全くない。もうオープンエア〜〜!!である。
どこまでも広がる蓮と遠くに弁天堂を眺めながらゆったりと冷酒を飲む。最高。
店の外から一番見える場所に浴衣姿の私たち夫婦。かなりサクラっぽいがムード作りに一役かっただろう。何人かの外人さんは店に入らず私たちの写真だけを撮って去っていった。飲んだくれ夫婦が彼らのメモリーの一部である(笑)

b0011068_7411492.jpg
1500円で蓮見弁当とドリンク2杯(生ビール、冷酒、ソフトドリンクから選ぶ)がついてくる。
安い!お弁当も美味しいし、ロケーションも良い。しかも店内は禁煙で嬉しかった。(喫煙者は外の喫煙席)
注意する点は「江戸風情を楽しむ事が目的なので酒は2杯まで」らしい。周りのおじさん達が残念そうにしていた。もちろん私たちも残念だが、さっと飲んで長尻をしないと言うのも江戸風情である。
この「蓮見茶屋」まだ初日だからかお客さんが少なかったが、今後絶対に流行るはずだ。

b0011068_7413938.jpg
日が暮れた上野をゆっくり散歩しながら帰宅。
午後からふらっと出かけたのだが、非常に充実した楽しい一日であった。
[PR]
by amaguri-306 | 2005-07-17 07:43 | お江戸散歩

浅草ほおずき市

b0011068_17512152.jpg
昨日、浅草のほおずき市に行った。
この日にお参りすると四万六千日分お参りしたのと同じご利益があるそうだ。ありがたや。

お仕立てからあがってきた浴衣を着て、浅草を散策した。
活気に満ちたお祭り日。人の熱気でそれはそれは暑かった。。私は風呂上がりのように顔中真っ赤にしながら、ほおずきを眺めて歩いた。
威勢の良い売り子達がほおずきを高くあげて客を呼んでいる。江戸の風物詩である。
私たちもお参りをして、ほおずきを買って、途中の屋台で買い食い&ビールで涼を取りつつ下町の夏を満喫した。
b0011068_17523589.jpg
その後、両国に出て「両国地ビール」を飲んでまたまた涼を取る。
そして帰宅。
ほおずきを部屋に飾る。夏のムードが一気に出た。こんな風に季節を感じるのが好きだ。ほおずきにおまけで付けてくれた風鈴が涼しげでとても気に入っている。
b0011068_1753492.jpg
あお君は「ほおずき」には興味はないようだ。
[PR]
by amaguri-306 | 2005-07-11 17:55 | お江戸散歩

亀戸天神:藤まつり

b0011068_10171985.jpg
地元、亀戸天神様の藤まつりに行った。
今年の藤はなかなか見ごたえがあると前評判を聞いていたからだ。
せっかくなので着物を着て出かける事にした。
週に何度か練習していたのに、帯の結びを失敗した。
博士が待ちくたびれていた(^^;

天神様にお参りする前、参道沿いでうなぎと ビールと冷酒で腹ごしらえ。昨日のお昼にうなぎを食べられなかったのでリベンジだ。(ちょっと返り討ちにあったのは秘密で(^^;)
さて、お昼過ぎだったので人出も一段落しており、思ったよりゆっくり藤を見て回れた。
藤まつりに博士と来るのは初めてだったので、なんだか嬉しかった。

藤棚から垂れる花。色がとてもキレイだった。
日本に生まれて幸せだなと思う。
[PR]
by amaguri-306 | 2005-05-01 10:18 | お江戸散歩

下町飲んだくれ散歩

気持ち良く晴れた日曜日。
少しだけ早起きして下町飲んだくれ散歩に出かけた。

今回は東京メトロ蔵前駅からスタート。
江戸時代には札差が並んでいた通りをのんびり散歩。
目指すは「駒形どぜう」。
b0011068_15125219.jpg11時台なのに店内は混んでいた。テーブルではなく、厚めの板が床に置いてある。そこに肩を寄せ合うように座ってどぜうを食べる。なんだかいい感じである。情緒たっぷり。

b0011068_15132672.jpgさっそく冷の升酒とどぜう鍋を頼む。どぜう鍋はいつも行く深川のどぜう屋さんと比べるとどじょうが大きい。味付けも違う。おなじ「どぜう」でも違うものだと感心。私は駒形どぜうの味付けがいたく気に入った。
トロトロと口の中でとけるどぜう。そこにきゅいっと冷酒を含めば極楽なのである。
汗ばむほどの陽気、炭火の七輪に乗せられた鉄鍋。鉄鍋の中にはグツグツと美味しそうに煮えているどぜう。そして冷や酒。美味い美味いよ〜!最高だよ〜!
私達についてくれた給仕さん、一生懸命で、とても気がつく人であった。すこぶる感じが良かったので、更に料理も美味く感じた。(一生懸命働いている姿は気持ちが良いものだ。私も仕事は一生懸命やろうと思った。)
ほろ酔い気分で深川鍋と御飯とどぜう汁を頼む。御飯は小さなおひつに入ってくる。二人で食べるには丁度良い大きさ。この辺りも気が利いている。
そして濃い味噌のどぜう汁が堪らなく美味かった。七味やネギをたっぷりいれれば、これだけでも酒の肴になりそうであった。大満足。

駒形どぜうを後にして、浅草へ向かう。
いつもと同じように仲見世をのぞきながら、浅草寺に向かう。
浅草寺をお参りした後は最近お気に入りの染め物屋さんへ。
この染め物屋さんは、手ぬぐいや半纏などを本染している店である。お祭りが近くなるとぐっと忙しくなるらしい。祭を中心に商売が成り立っている、こんな所が浅草らしい。冬の間、お店が忙しくない時に作ったと言う「手ぬぐいで出来たアロハシャツ」が最高に粋でカッコよい。
手ぬぐいだから着心地最高!柄も可愛い。先日購入したのだが、もう一枚ゲットした。

b0011068_15141453.jpg
この後のんびりと散歩。浅草寺の子寺「待乳寺聖天」に向かう。夫婦和合にご利益があるらしい。ひっそりとした分とても趣深い。葉桜の緑が色を添えていてとても美しい景色だった。

b0011068_15152581.jpg
「待乳寺聖天」から桜橋をとおって、時代小説によく出てくる長命寺の桜餅で一息つく。
名物に美味いものなしだが、この桜餅だけは別と良く言われるだけあって本当に美味しかった。甘すぎない餡と、程よい甘さがある餅。そして桜の葉が絶妙に美味しい。あまり甘いものを食べない私だが、これなら3つぐらいは食べられそうだ。
煎茶と桜餅で250円。江戸の人たちもこんな風に一服してたのかな〜とはるか昔に思いを馳せても楽しい。

のんびりと大川(隅田川)沿いを散歩。葉桜のまぶしい緑を眺めつつ、両国に向かう。
かなりの距離を歩いた。健脚夫婦である。

b0011068_15162696.jpg
すっかりのどが乾いたので両国地ビール館で地ビールを飲む事に。
アホな夫婦なので、ここでスイッチが入ってしまった。午後3時10分。
モロッコ鍋ジンギスカンとか、揚げタコとか頼み出してすっかり飲み会モード。
「ああ、私達ってバカだね〜〜」と言いながらも、お互いこういうバカさ加減が好きなのである。普通は夫婦のどちらかが止めるハズ…

思いつきの下町散歩。楽しかったので、また実行したい。
[PR]
by amaguri-306 | 2005-04-25 15:17 | お江戸散歩

飲んだ、飲んだ、飲んだ。

先週の土曜日はテストが終わり、そのあとすぐに楽しみにしていた新年会であった。
すごい美味しい鶏の刺し身や鶏鍋、鶏ハンバーグなどを焼酎で頂きご機嫌だった。
このお店は知る人ぞ知る名店だ。鶏のレバーが絶妙に美味い。
そしてさりげなくいい焼酎が揃っている。飲み過ぎてしまう要素満載だ。
(かつてこの店で飲みすぎ、帰宅途中自転車転倒!の痛い夏の思い出もある。)
ご機嫌すぎて写真を撮る事をほとんど忘れ、思い出した頃には全部食べ終わっていた。
もっと飲むぞ〜〜!と、二次会は我が家で結局4時頃まで飲んだ。
そして翌日はお昼からブラリ下町飲んだくれ散歩のあとまたドジョウを食べに行った。
目まぐるしく、飲んだ。

下町散歩の途中、浅草寺でおみくじを引いた。
b0011068_19354051.jpg
多分生まれて初めて「凶」を引いた。かなり凹んだ。でも何故か皆笑ってた。いや、ネタじゃないですから!ああ、飲んで忘れよう。
飲んだくれ道は険しい事もある。

さあ、これからスキー強化月間だ。
風邪をひかないように、体調管理をしてかねば!

で、さっそく今日は鍋&泡盛で体を温める予定。
[PR]
by amaguri-306 | 2005-02-02 19:36 | お江戸散歩

下町散歩 (博士プロデュース)

昨日、博士企画による「下町散歩」に出かけた。
b0011068_144253.jpg新年を迎える準備をしている浅草寺を出発し、仲見世で手ぬぐいや揚げ饅頭、江戸時代からの歴史を持つ江戸趣味小玩具をお土産に買う。手ぬぐいは博士が前から欲しがっていた「かまわぬ」柄をゲット。お店のおばあちゃんも博士のマニアぶりにノリノリ。楽しそうに色んな柄を見せてくれて楽しい世間話が出来た。まさに下町情緒たっぷりと言う感じだ。お参りを済ませた後、神社境内の猿回し:チャーリーにエールを送りつつ、芸を堪能。チャーリーなかなかの芸達者、そしてその怒りキャラが可愛かった。ご祝儀をはずむ。
b0011068_1484018.jpgさて飲んだくれ開始。神谷バーで生ビールをチェイサーに電気ブランを一杯。
b0011068_1444268.jpg吾妻橋を越え、アサヒビールのビル22階で大川(隅田川)を眺めながらビールを一杯。
この後、浅草から大川沿いに両国に向い、江戸東京博物館へ。
この江戸東京博物館、想像の1000倍ぐらい面白い!ボランティアの方に付いてもらい、説明を受けながら2時間博物館を回ったのだが、もう楽しくて楽しくて仕方なかった。ボランティアの人も「若い世代でも歴史とか江戸文化が好きな子がいるんですね〜」と喜んでくれた。私達の異常なほどの喜びようと学ぶ姿勢が好印象だったようだ。ボランティアの方に感謝のお礼を申し上げた後、博物館を後に…。多分また博物館には近々遊びに行くであろう。
両国にある回向院でねずみ小僧のお墓参りを済ませ、小名木川に向い、深川を目指す。
深川で「どぜう」と一緒にビールと熱燗を頂く。どぜうの後は門前仲町を目指す。
そして夜の富岡八幡宮へお参り。「肝臓が強くなりますように」と祈る。
深川飯をつまみにビールや日本酒を頂く。はぜの天麩羅など江戸っ子らしいメニューも注文。すっかり気分は江戸っ子である。江戸っ子は年中飲んでいたらしいので、その血はしっかりと受け継いでいる気がする。
まだまだ終わらない。
再度深川方面に戻り「ギネスビール」を楽しむ。美味い!
すっかり充実した江戸散歩。しめくくりは地元でラーメン&ビール(ビールは博士のみ)。
東京の楽しさを再発見した。是非ともおススメしたい下町散歩であった。
[PR]
by amaguri-306 | 2004-12-24 13:34 | お江戸散歩


飲んだくれ主婦の日常


by amaguri-306

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
あお君ジャーナル:愛犬
犬ご飯(あおレシピ)
グルメ&酒
飲み会
旅行:神戸
旅行(国内)
旅行(海外)
日常
スキー
読書感想
手芸部
お江戸散歩
ダイエット
平成バカ田大学
ネイル
F1
ビアガーデン
美容?!
大学
デジタル一眼レフ
2011年タイ旅行(サムイ)

★about me★

★博士(夫)と愛犬(あお君)とのんびり楽しく東京で暮らしている。
★酒が好きな食いしん坊!

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月

フォロー中のブログ

TOKIOで遊ぶ
ナガシマブログ
SAVA家の日記NEW!
美味つれづれ
★フレンチブルドック:あ...
がんもどきのがんも
愛犬中心的生活日記
ボステリ☆Ramiro ...
Happy Life BLOG
黒パグのリンちゃん♪♪
武蔵くんの縁側日記

ライフログ

アマグリお気に入り

Twentysomething [UK]


ルーム・フォー・スクエア


Catching Tales

最近はまった本

深尾くれない


ぼんくら

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧