カテゴリ:旅行(海外)( 37 )

イタリア旅行5:フィレンツェ名物「Tボーンステーキ」

現地ガイドの方にフィレンツェ市内のおすすめのレストランを聞きました。
「手長エビのリゾットがとにかく美味しい!」と聞き、さっそく予約をしてもらい行ってきました。
前菜盛り合わせを頼み、ワインで話を楽しみつつおすすめリゾットとパスタを待ちます。
b0011068_2222383.jpg
あまりリゾットをレストランで注文した事がないので経験薄なのですが、人生で一番美味しいリゾットでした。しかも好物のエビ。リゾットってこんなに美味しかったのね。(リゾットって写真で撮ると地味だな…)

b0011068_22243359.jpg
「絶対食べたいよね!」と盛り上がってフィレンツェ名物のTボーンステーキも勢いで行ってしまいました。
夫婦二人で食べるには結構な量でしたが、非常に美味しかった。
もちろん赤ワインと相性バッチリです。

私達が行った時はかなり賑やかだったのですが、普段は落ち着いた雰囲気の静かなトラットリアとの事です。
もしまたフィレンツェに行く機会があったら行きたいお店の一つです。

TRATTORIA PANDEMONIO(日本語サイトがありました)
Via del Leone,50/r - 50124 FIRENZE
Tel.055/224002
[PR]
by amaguri-306 | 2010-09-26 22:31 | 旅行(海外)

イタリア旅行4:フィレンツェ(美術館など)

■ウフィッツィ美術館
ボッティチェッリ、レオナルドダヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなどイタリアルネサンスの巨匠の絵画を中心に「教科書でみた事ある!」ような絵画を鑑賞する事が出来ます。
ボッティチェッリ「ビーナスの誕生」は是非とも生で観たいものです。

でも当日券の順番待ちは気が遠くなるほど長蛇の列と噂に聞きます。
実際行ってみたらそうでした。

今回は事前予約サービスを使って時間の予約をしていたので、ほとんど並ばずに入館出来ました。
下調べって大切です。

参考にしたのはコチラです。

■ヴェッキオ橋
b0011068_1624162.jpg

橋の上は全部宝石店。
b0011068_1631323.jpg

橋なのになんか家がくっついているみたいです。

橋のあちこちで色んな言葉の「ヴェッキオ橋で宝石買って〜」が聞こえてきます(笑)
b0011068_1625547.jpg
私もスゴい集中力を発揮して可能性を探りましたがあり得ない観光地価格なので諦めました。
知らない間に撮られていた写真。手ぬぐいを握りしめ、こんなに必死だったのは知らなかった。

b0011068_1655192.jpg

ヴェッキオ橋からの景色。ここちよい風が吹いていて、街が見渡せます。
お散歩コースとしても素敵な場所。男性は覚悟をしながらデートしてください。
[PR]
by amaguri-306 | 2010-09-18 16:10 | 旅行(海外)

イタリア旅行3:ピサ&フィレンツェ郊外

一度は観てみたいピサの斜塔!

今回は時間を有効に使うため、車で巡る個人ツアーをお願いしました。
(公共機関を使うとピサはフィレンツェから列車を乗り継いで1時間かかります。)
参考までに:個人ツアーはコチラのサイトから問い合わせをしました。
貸し切りプライベートツアーなので開始時間も終了時間も自由。
前もってメールで好みのスケジュールを相談出来て便利でした。

ホテルでピックアップしてもらい一路ピサへ。
快適なドライブです。

b0011068_1562585.jpg
傾いてますよ。支えてみました。

b0011068_1564831.jpg
本当に傾いてる!
すでに3階を建築してるときから傾き始めてたらしいです。おぅ。
現在これ以上傾かないように日本のゼネコンが入って補強したらしいです。意外な所で日本の仕事を知りました。

さて存分に傾きを堪能した後はランチです。
おすすめのレストランに連れて行って欲しいとお願いしました。楽しみです。

Ristorante "Da Delfina"
Via della Chiesa, 1 - ARTIMINO - 59015 (Firenze)
Tel. 055 87 18 074 - Fax 055 87 18175
b0011068_1515372.jpg

フィレンツェ郊外にあるホテル併設の素敵なレストランです。

車がないと来れない場所。個人ツアーをお願いして良かった。
b0011068_15151490.jpg

周りはぶどう畑に囲まれた素晴らしい環境!

b0011068_15152624.jpg
鴨肉のラグーソースのパスタ。鴨肉好きとしては大興奮です。
b0011068_15153576.jpg
旦那が食べていたニョッキ。分けてもらって食べたのですが、何ニョッキだったのかどうしても思い出せません。でもとても美味しかったのは覚えています。
このお店でも軽く白ワインを飲んで、ほろよいイタリア旅は続きます。

4時間の短い個人ツアーでしたが、自分たちだけでは行けないようなレストランに連れて行ってもらえたり、好きな時間に出発出来る便利さなど良い事づくめでした。
それに現地に住んでいる方からおすすめの情報も聞けるし、今回お世話になったガイドの方が人生経験豊富な非常に面白方だったので楽しい時間を過ごせました。
フィレンツェ市内のおすすめレストランを聞いたら、その場で予約してくれて本当に至れり尽くせりでした。ちょっとした心遣いが嬉しいです。

何でも自分でやるのも良いですが、現地ツアーや現地ガイドなどを上手に使うのも良いな〜としみじみ思いました。お金は掛かりますが限られた時間を有効に且つ安全に使うのも大切な事だと思うのです。

夜はいよいよフィレンツェのステーキです!(続く)
[PR]
by amaguri-306 | 2010-09-18 15:33 | 旅行(海外)

イタリア旅行2:フィレンツェ

ベネチアからユーロスターで移動。フィレンツェへ。
----------
この日はフィレンツェの街をゆっくり散歩&ゆっくりワインを楽しむ事にしました。

街の石畳がまるで映画の中みたいで、ふわふわした気持ちになります。

b0011068_1231528.jpg
何やら気になるお店があって、眺めていたらお店の中からおじさんが出て来てイタリア語で何やら言っています。
呼ばれてる??
誘われるまま入ってみると、店内は所狭しとオーリブオイル、バルサミコ酢、オリーブ製品が並んでいます。サラミなども置いてあるようで、一体何屋さんなのか分かりません。
イタリア語(おじさん)と英語で通じているような通じていないような不思議な空間。
どうやら優しいおじさんがお店の商品を紹介してくれるようです。
オリーブ製のクリームをテストさせてくれたり、オリーブオイルやバルサミコを試飲させてくれます。これがまたビックリするくらい美味しくって、思わず「美味しい!」と叫んでしまいました。
サラミにタラリとバルサミコをたらして試食。これまた美味しい。
小さなオーリブオイルの瓶とバルサミコをお土産に買いました。
b0011068_12382964.jpg
思いがけず楽しいひと時を過ごせて、この旅の思い出の一つです。
さすがイタリア男。ガッツリ腰を抱かれています。(笑)

さて今夜のレストランです。
b0011068_12135348.jpg
mangiafoco(マンジャフォーコ)
Borgo SS. Apostoli 26r, Florence Italy
+39 055 2658170

入り口は普通の小さなカフェのようですが、中は結構席があるんです。
お店の中は地下に続く階段があって、まるで蟻の巣のように個室がつながっています。
適度な個室空間はとっても落ち着くし、木製のテーブルと椅子がとっても可愛らしい。
思わず通いたくなる素敵なレストランです。
b0011068_12401030.jpg
こんな感じの可愛らしい個室。近所にあったら間違いなく通いつめます。

お店のスタッフもとっても優しくって、英語OK!料理に合うワインや、おすすめのメニューを親切に説明してくれるので安心です。

丁度良い頃合いで声をかけてくれるのでゆっくりと食事が出来て、私はとても心地よかったです。
「ワイン大丈夫〜?」とか「美味しい?」とか気軽に笑顔とともに聞かれると、こちらまで陽気になってきます。楽しそうに働いているお店って本当に気持ちイイですよね。

さて、この店で出会ったチーズが私にとっては衝撃的でした。
暫定世界一!と(勝手に)決めました。
b0011068_12152222.jpg
プーリア州のチーズ「ブッラータ」。モッツァレラのようで、中はトロトロの濃厚なクリーム状。
やられました。好みど真ん中。
(暗い中で撮ったので上手に撮れていないのが残念です。)

b0011068_12163898.jpg
「Fagottini pere e formaggio」洋梨とチーズのパスタです。
卵入り手打ちパスタの巾着の中には優しい味の洋梨とチーズ!
ほのかな甘さがたまらなく美味しかった。
白ワインを飲みながらの味わいが本当に美味しかったです。

(本当はもっと食べたのですが、途中からワインとおしゃべりに夢中になってしまいあまり写真は撮ってませんでした。)

ワインはトスカーナを中心にイタリア全土のワインが種類豊富に揃っています。それに一般店では手に入りにくいワインが良心的な値段で飲めるので、本当に幸せでした。思わず赤白一本ずつコースです。もうお祭り状態です。徒歩圏内にホテルがあって良かったね>私。
ベネチアに続き、素敵なレストランに当たってよかった。
頑張って調べたかいがありました。食べる事と飲む事には存分に力を発揮出来るのです。

帰りはジェラートを食べたり、写真を撮ったり、教会前の芝生に座って空を眺めたり、なんとも自由で素敵な夜でした。

街全部が歴史とアートで溢れていて、本当に美しい街です。
b0011068_12431047.jpg
知らない間に旦那が撮ってくれた写真。お気に入りの一枚です。ありがとう。(私はジェラートを食べるのに必死だった。)

明日はフィレンツェからプチ旅行(ピサ&フィレンツェの郊外)に出かけます。
[PR]
by amaguri-306 | 2010-09-18 12:51 | 旅行(海外)

イタリア旅行1:ベネチア

今年の夏はイタリアに行ってきました。
ベネチア〜フィレンツェ〜ローマをユーロスター列車で巡る旅です。
--------------
b0011068_8553295.jpg
憧れのベネチアです。
ベネチアは運河の町。車は島内に入る事ができず、交通機関は水上バスか水上タクシーか徒歩です。なんとものんびりした時間が流れています。

町中は細い路地が入り組んでいて、まるで迷路のよう。地元の人でも迷子になるそうです。
「あれ?この道さっき通ったよね?」と思うと初めての道で、「おお〜綺麗な広場!」と思うとさっき通った場所だったり。
迷子になるのも楽しいロマンチックな街です。

(ちょっと思った事。
ディズニーシーに再現されている町並みは結構本物に近い!(笑
水の色とか良く出来てる。)



b0011068_925344.jpgカメラを片手にお散歩。腕は無くてもこの場所に立ってシャッターを切れるのが楽しい。
自分としてはもっとシャッターを切っていたつもりだけど、意外と撮っていないものです。

ベネチアはいつか旦那と一緒に来たいと思っていた地。
今回のイタリア旅行計画をする時もベネチアを入れると結構忙しい日程になってしまったのですが本当に来てよかったと思いました。本当に素敵な街です。


b0011068_9282622.jpg10数年前、友人と一緒にベネチアに来た時は極寒&大雨の冬でした。
地元イタリアのおばちゃんが「今度は温かい時期にまた来なさい。イタリアは待ってるから。」と寒さに凍える私達に言ってくれたのを思いだします。

今回は結構暑いよ(笑
晴れたベネチアを散歩出来て、その美しさを堪能出来ました!


b0011068_8595781.jpgゴンドラにも乗りました。ゴンドラ乗り場は運河の至る所にあり、今回は直接ゴンドリエールに交渉して、定番コースをぐるっと巡りました。
料金は人数や時間などによって変わるようです。私達は二人貸し切りで90ユーロでした。
(調べると日本からのオプションで一人7000円ぐらいが相場のようです。)
乗り合いも安くていいけど、出来るなら貸し切りがおすすめです。

ゴンドラに乗って「溜め息橋」と言う橋の下でキスをすると永遠の愛が約束されるそうです。
そんなロマンティックな話も本当に思える、そんな街です。

ゴンドラは乗る価値が絶対あると思います!

(実はゴンドラに乗るのが夢だった。)
b0011068_923014.jpgゴンドリエールは陽気な「ヤッハー!」な人ばかりと思っていましたが、私達の船頭さんはとても職人っぽい渋いゴンドリエールでした。

ゴンドリエールになれる人数は決まっていて(毎年20人ぐらいらしい)難しい試験を経てなれる憧れの職業らしいです。
(ネットで検索してたら見つけたニュース。900年の歴史の中ずっと男性のみのゴンドリエールの世界に、初の女性「ゴンドリエーレ」が誕生したそうです。パイオニアとして頑張ってほしいです。写真を観てみたらWWEのディーバみたいなたくましく美しい女性でした。)

----このシマシマのシャツ可愛いな。






■レストラン LA BOTTEGA AI PROMESSI SPOSI (アイ・プロメッシ・スポージ)
いよいよお楽しみの食事。
そりゃーもう、渾身のネット検索!(笑)
今回のイタリア旅行でとっても参考になったのはこのサイトアーモイタリア
そこで見つけたレストランです。
2008年8月に開店した比較的新しいお店との事。
店の人がとってもフレンドリー。
英語で分かりやすくメニューを説明してくれ、観光客には安心出来るお店でした。イタリア人のおじさんが一人で食事してたくらいなので地元の人にも愛されているのでしょう。

ハウスワインで十分美味しい!と言う口コミがあったので、ハウスワインをボトルで注文。
記憶では1ボトルで8ユーロぐらいでした。そして本当に美味しい!
ああ、かなわないな〜と思わせるレベルの高さです。



b0011068_9131464.jpgSalutata di cozze e vongole(ムール貝とアサリのワイン蒸し)11ユーロぐらいだったかな?
冷えた白ワインと一緒に。

b0011068_9132875.jpgFrittura mista di pesce(魚介のフリッタ)14ユーロ
これまたワインがすすむ!


b0011068_9134469.jpgそしてこれが一番衝撃の美味しさ!シシリー島産の生ケイパーを使ったパスタ。
定番メニューではない、本日のパスタで紹介されたメニューでしたが、もう本当にビックリ。
こんな味食べた事無い!っていう衝撃でした。
なんとか味を再現したいと日本に帰って来てから(旦那が)作っているのですが、なかなかあの味が出ない。何より生ケイパーが手に入らない。この際栽培したいぐらいです。


アットホームで、美味しくって、そして良心的な価格の素敵なレストランでした。

LA BOTTEGA AI PROMESSI SPOSI (アイ・プロメッシ・スポージ)
Calle dell'Oca 4367 Cannaregio, Venezia Italy
サンタルチア駅から東に続いているメイン通りStrada Nova(ノーヴァ通り)から一本左に入ったところ。サンティ・アポストリ教会の近く。
+39 0412412747
(私達はホテルの人に頼んで席を予約してもらいました。)


b0011068_9194317.jpgご飯のあとは、ぶらぶらと歩きながらホテルへ。なんだかまだ夢の中に居るような…。
まだ一日目なのに「また来ようね」と何度も呟いてしまう、そんな旅の始まりでした。
[PR]
by amaguri-306 | 2010-09-18 10:37 | 旅行(海外)

シンガポールは美味い!

モルディブの帰り、シンガポールに立ち寄り2泊して遊んできました。
シンガポール最高でした!
ものすごい量の写真を撮り、もはや何をアップしたら良いのか分からない状態です。

とにかくシンガポールでしたい事はコンプリートしてきました!

★ホーカーズ(屋台村)で食べまくりたい!
超いっぱい食べたので、その一部をアップ。
b0011068_201194.jpg

あのニューニョークタイムスでも絶賛されたと大行列のチキンライスの店:天天海南鶏飯。
写真では地味ですが、柔らかい蒸し鶏に鶏ガラスープで炊いたご飯が最高に美味しい!行列に並ぶ価値あり!忘れられない味だ〜
氷入りビールはシンガポールの屋台名物!
天天海南鶏飯はマックスウェル・フードセンターの中にあります。

b0011068_2013124.jpg
牡蠣オムレツ。
博士が発見して来た絶品の屋台メニュー。牡蠣がたっぷり。秘伝のタレ的なオイルで味付けされたオムレツはビールに最高!

屋台は至る所にあって、偶然にも泊まったホテルの裏も屋台村でした。
遊んで帰って来て夜の12時にビールとツマミ♪ってのもありです。
健康な胃を持つ旦那で良かった。深夜屋台を断られたら寂しい。

b0011068_21441769.jpg
ホーカーズ中毒。一回目の夕飯は、貝とかチキンとかワンタンとか。。。食べまくり。幸せ一杯。体重激増(笑)だけどとにかく病み付きのホーカーズでした。
今度はバカ大メンバー達と行きたいな。

★チリクラブをたらふく食べたい!
b0011068_2016289.jpg
チリクラブで有名店にも行きました。ホテルのコンシェルジュに頼んで予約してもらって正解。ローカルの人も行列を作ってます。
ジャンボシーフード:クラークキー(夜景スポット)を楽しみながら食事が出来る素敵な店でした。ちなみにこのサイズで40シンガポール$ぐらい。

b0011068_2017589.jpg
これはブラックペッパークラブ。最高にビールと合うんだな。屋台で活きてる蟹を選んで料理してもらいました。
安くて美味しくって最高でした!!

★F1市街地コースを歩きたい。
炎天下の中、ムホムホ歩いてきました。
b0011068_202385.jpg
アロンソが超格好よかったあの場面を思い出したり。。。
b0011068_2023457.jpg
走ってる車がF1マシンに脳内変換されてます(笑)
シンガポールの市街地コースは街のど真ん中!本当に便利な場所にあります。
真っ暗闇の泥の中で5時間並ぶ事はなさそうです。
いつかはシンガポールGPを見に行きたい!と夢が広がりました。
ちなみにシンガポールGPのファステストラップは今の所キミが持ってます♪

★ラッフルズホテルでシンガポールスリング!
b0011068_2028463.jpg
熱帯の気候。白亜のホテル。東洋の神秘!本場のシンガポールスリング飲めて幸せ。

★やっぱりマーライオン
b0011068_21454987.jpg
マーライオン。
b0011068_21461423.jpg
アマグリライオン。

★街歩き撮影散歩をしたい!
ぶらぶら歩いては写真を撮ってました。旅行の楽しみが一つ増えました。
b0011068_20261765.jpg
チャイナタウンで興味津々な子供達。

b0011068_20264925.jpg
キラキラモードで夜景を撮ったり。

ナイトサファリにも行ったし、全く行き当たりばったりのシンガポールだったけど本当に楽しかったです!
またシンガポールにも行きたいです!

楽しい結婚10周年旅行でした。博士、これからもヨロシク。
来年は11周年です(笑)

b0011068_21472665.jpg
カメラって面白い♪
[PR]
by amaguri-306 | 2009-08-12 21:55 | 旅行(海外)

モルディブ:オルヴェリ ビーチ&スパリゾート

ホテル編:オルヴェリ ビーチ&スパリゾート

モルディブの国際空港(マーレ空港)からスピードボードで40〜50分。
日本を出発して、当日深夜にはリゾートに到着出来る南マーレ環礁に属するリゾートです。

結婚10周年。憧れのモルディブ、水上コテージでリゾートしてきました。
b0011068_1641547.jpg
選んだのはオルヴェリ ビーチ&スパリゾートです。
6年連続で「ベストビーチ」上位に選ばれる美しい砂洲、某カード会社のCMにも使われた事でも有名なリゾートです。
比較的空港から近いので長い休みが取れない私達にはタイムロスが少ないだろうと言うのも選んだ理由の一つです。

b0011068_1714651.jpg
ジャグジー付きの水上コテージにしました。
b0011068_1644280.jpg
砂州を眺めながらジャグジーに入ってビールを飲みたい!
(その一心は珍しく辛かった飛行機酔いも克服してみせました。(笑))

本島にレストランやバー、レセプションなどがあり、長い桟橋を渡ると水上コテージが並んでいます。
b0011068_1645685.jpg
レストランまで距離があって大変という人もいますが、私はこの散歩がてらの道がたまらなく楽しかったです。
b0011068_16104165.jpg
こんな団体(エイ??)に出会ったりして、いつもとは全く違う時間が流れています。

b0011068_161267.jpg
曇り空の景色もまたいい雰囲気です。こんないろんな景色に会う事が出来るので楽しいです。

ネットで色々調べていたら、部屋番号300番台がサンセットも綺麗に見えるし、美しい砂州もよく見えるとの事。
特に312号室は砂州がとても綺麗に見えるとの情報をゲットしました。
ダメもとでリクエストを掛けたら、運良く312号室に泊まる事が出来ました。
b0011068_1664840.jpg
確かに砂州が丁度綺麗に見え、ベストなポジションにある部屋だと思いました。
b0011068_165465.jpg
海から帰って来ても分かるように、海側にも部屋番号が書いてあります。なんだか面白いな〜
b0011068_1682938.jpg
真ん丸のサンセットは見えませんでしたが、デッキから海の色と空の色が刻々と変わる美しいサンセットも満喫出来ました。

b0011068_1610560.jpg
広いベランダにはデッキチェアとジャクジーがあります。
b0011068_16243279.jpg
直接海に入る事が出来ます。
遠浅の海。砂州に座ってぷかぷかと浮かんでのんびりするも良し、通り過ぎるヨットを眺めているだけでもリゾート感たっぷりです。
コテージは独立しているのでプライバシーもバッチリでした。
b0011068_1722952.jpg
デッキにあるジャグジーの他に、室内にもバスタブがあり、またシャワールームは独立しているので非常に快適に過ごせました。
また想像以上に部屋が広かったのでリラックス出来てとても良かったです。

一日2回、ルームボーイが部屋を掃除したり綺麗に整えてくれるので、いつでも気持ちの良い状態で過ごせます。
部屋でゴロゴロしているときにルームボーイ(と言っても陽気なおじさんでしたが)がお部屋の掃除に来てくれたのですが、とっても気さくで陽気。非常に気分よく接してくれるし、色々と世話をしてくれたのでとっても気分よく過ごす事が出来ました。

b0011068_161242100.jpg
小さな島ですが、色んな景色に出会えます。
どこを歩いていてもまるで絵はがきの中にいるようです。

心配事:
女性には心配の種のひとつ「虫がいるんじゃないか?」です。
リゾート滞在中、蚊に刺される事もなく、虫を見る事もなく非常に快適に過ごす事が出来ました。
ホテルの案内を見ると隔日で害虫駆除をしっかりしているようでした。
また部屋にも殺虫剤スプレーがちゃんと置いてあります。
(念のため日本から電池式のベープ香取、虫さされの薬、虫除けを持って行き予防はちゃんとしてました。おかげで心配なく過ごせました。)

言葉:
英語が出来なくても、日本人に優しいリゾートなので問題ないと思います。日本語の出来るスタッフが居ました。日本人スタッフも数名居るようです。
ちなみに数字すら出来ない人たちでも無事にチェックインしていました。
でも少しでも英語が出来た方が色々融通が利いてとても良いと思います。色々なプチ情報を教えてくれたり、裏話をしてくれたりして面白かったです。

旅先で嫌だと思う事がほとんどない前向きな性格もあるのですが、何一つ不満がない素敵なリゾートだと思いました。

--------------
今回ホテルを選ぶに当たって、ガイドブック以上に参考にしたのがブログでした。
実際泊まった人の率直な感想や画像はホテル選びの重要なポイントになりました。

少しでも私のブログがこれからリゾート選びをする人の役に立てたら嬉しいです。
[PR]
by amaguri-306 | 2009-07-26 16:35 | 旅行(海外)

モルディブ:海

モルディブ&シンガポール旅行から帰って来て数日経ちました。

新しい一眼レフで撮った写真の整理もなかなか出来ず、想像通り二人とも仕事でバタバタな毎日です。
落ち着いたら旅行記と写真をアップしたいです。

----------
しかしカメラって難しいけど本当に面白い!!
旅の楽しみが一つ増えました。

いっぱい練習してシャープでキレのある写真を撮れるようになりたいです。

魚眼レンズで撮ったお気に入りの一枚。
b0011068_12275925.jpg

[PR]
by amaguri-306 | 2009-07-25 12:29 | 旅行(海外)

モルディブ(マーレ)空港にて

シンガポールに向かうために空港でチェックイン待ちです。

モルディブでのリゾートはまるで天国のようでした。
仕事に戻るのが本当に恐ろしいです。まったく考えられません(笑

モルディブはイスラム教の国なので空港でもお酒が飲めません。
(でもリゾートでは飲めます。)
仕方なくペリエを飲んで気を紛らわせています。

しかし便利な世の中です。
パソコンを持っていれば、普段と同じようにネットできるなんて。。
理系の旦那はグッドです!

たくさん写真を撮りました。
日本に帰ったらアップしたいな~
[PR]
by amaguri-306 | 2009-07-17 22:52 | 旅行(海外)

旅に出ます!

明日から旅に出ます。
モルディブ&シンガポール。
結婚10周年記念旅行です。
のんびりして、軽く海を潜ったり、美味しい物食べて、一眼レフで写真撮って、シンガポールでチリクラブ&ビールで弾ける予定です。


グズグズしてたら前日の今日に全ての準備をする事になってしまいました。
ふ〜何とかパッキングも終了。

と、言う訳で行ってきます!
[PR]
by amaguri-306 | 2009-07-12 23:01 | 旅行(海外)


飲んだくれ主婦の日常


by amaguri-306

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
あお君ジャーナル:愛犬
犬ご飯(あおレシピ)
グルメ&酒
飲み会
旅行:神戸
旅行(国内)
旅行(海外)
日常
スキー
読書感想
手芸部
お江戸散歩
ダイエット
平成バカ田大学
ネイル
F1
ビアガーデン
美容?!
大学
デジタル一眼レフ
2011年タイ旅行(サムイ)

★about me★

★博士(夫)と愛犬(あお君)とのんびり楽しく東京で暮らしている。
★酒が好きな食いしん坊!

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月

フォロー中のブログ

TOKIOで遊ぶ
ナガシマブログ
SAVA家の日記NEW!
美味つれづれ
★フレンチブルドック:あ...
がんもどきのがんも
愛犬中心的生活日記
ボステリ☆Ramiro ...
Happy Life BLOG
黒パグのリンちゃん♪♪
武蔵くんの縁側日記

ライフログ

アマグリお気に入り

Twentysomething [UK]


ルーム・フォー・スクエア


Catching Tales

最近はまった本

深尾くれない


ぼんくら

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧