<   2005年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ひなたぼっこ

あれ?あお君何してるの?
b0011068_11253193.jpg
b0011068_11254964.jpg
デカおたまとお昼寝中。暖かくて気持ちいいです♪
b0011068_1126779.jpg
あ、デカおたま取られた。
[PR]
by amaguri-306 | 2005-01-31 11:26 | あお君ジャーナル:愛犬

新年会

b0011068_1825221.jpg

鳥刺身
[PR]
by amaguri-306 | 2005-01-29 18:25

悪い子…

朝、私が集金のおじさんの対応をしていた隙に…
あお君が私の朝ご飯を半分食べちゃった(-_-メ)
椅子を両手でよいしょ、よいしょと動かしたらしき跡あり。
その後、椅子→テーブルに飛び乗り、私の朝ご飯のオムレツを食べたようだ。
ほんの数分の出来事。
私が戻った時には素知らぬ顔で日なたぼっこしてるフリ。
現行犯じゃないので怒れず、ため息の私。

その後、まだ御飯が熱かったので蓋を閉めずにおいたお弁当箱の蓋を閉めようとしたら…
お弁当も半分食べられてた\(゚〇゚;)\ひぃっ!!

あああ、私のお弁当〜〜!
あお君、今日は激悪です。
もうめちゃくちゃだ。

b0011068_1644541.jpg
お弁当?ママの気のせいじゃない?フフン♪
[PR]
by amaguri-306 | 2005-01-28 16:44 | あお君ジャーナル:愛犬

現在単位認定試験中

今週の土曜日まで単位認定試験である。
が、何故かテスト前になると家を掃除したり、ネットオークションを初体験(後日ブログにアップ予定の手に汗握る入札合戦)してみたり、飲んだくれてみたりと、かなり自分で自分の首を絞めている。
今回は取っている科目が少ないので余裕があるのか、それとも現実逃避か…

今日の試験は、自分なりにかなり勉強して、心の中では自信たっぷりの科目であった。
科目は日本文学系である。
さて、試験。
配られた問題用紙を見て教室に無言のどよめきが…
しょ、小論文???しかもお題の範囲が幅広く、800字でまとめるにはよっぽど要点をまとめなければ無理である。具体的な作品名例も挙げながらとある。
聞いてないよ〜〜!!!
予想していなかった小論文のテストに、一瞬頭が真っ白になった。
いかん!落ち着け私!時間はない!
まずは頭を整理し、そしてこの原稿用紙に自分の勉強の成果を叩付けるのだ!
と、体から炎が出んばかりに論文を書き始めたら、試験監督が飛んできた。
「あの…それは裏面です。表面から書き始めてください」
あ、気合い入り過ぎて良く見てなかった(-_-;)
ありがとう、試験監督♪
とりあえず無事に小論文は書き上げたが、あとで考えると非常にまとまりの無い論文だった。
ま、いっか。頑張ったから…
[PR]
by amaguri-306 | 2005-01-27 16:29 | 大学

明石焼(玉子焼き)に挑戦!

神戸で購入してきた「じん粉」で明石焼(玉子焼き)に挑戦してみた。
出し汁は博士がとろろ昆布とかつお節からしっかり取ってくれた。
この出し汁が美味い。出し汁だけを沢山飲んでしまった(笑)
出し汁は準備完了。
さて、次は最重要の「焼き」である。
たこ焼きは何度も焼いているので普通の東京人よりはテクニックが身に付けているはずだ。
しかしとても柔らかい生地なので、かなり不安。
しかし手先の器用な博士が要領良く玉子焼きを菜箸でひっくり返す。
じょ、上手じゃん!
私もチャレンジしてみた。
あれ?私も意外と上手に出来た。
b0011068_20112473.jpg

初めてにしてはなかなかの出来栄えではないか。自画自賛だが。
まわりはふっくらと、中身は茶わん蒸し感が出ていた。美味い!
東京の家で作ったにしては上出来かと…
この後、そばめしを作った。
スジコンはさすがに用意できないので、コンニャクを細く切ったもので代用。ま、気持ち次第って事で…スジコンもどきの他、ゴージャスにシーフードとタコを入れた。
そばをぶった切って、御飯を混ぜた瞬間スゴイ量になるのは分かっていたのに、夫婦二人ではあり得ない量のそばめしが完成。美味しかったけど、量が多過ぎた(-_-;)
次回の改善点→そばめしは少なめに考えて丁度良い。

神戸を思い出しながらの神戸祭はとても楽しかった。
[PR]
by amaguri-306 | 2005-01-24 20:12 | グルメ&酒

神戸焼きとそばめしと…

小腹も空いてきた。
新幹線の時間まであと残りわずかだったが、食い気には勝てず。
神戸焼き(お好み焼き)とそばめしを食べようとてつや師匠がお店を脳内で選んでいる様子。そっとその決断を待つ。
初めて入る店と言うことだが、こういう時のてつや師匠の勘は鋭く、美味しい店であることに間違いはないだろう。
店内はこざっぱりとしており、愛想の良いおばちゃんとお兄さんが笑顔で迎えてくれた。
大きな鉄板の前におばちゃんが立ち、忙しく注文の品を焼いている。
さっそく「すじ天」と「そばめし(ミックス)」を注文。
東京では自分でタネを混ぜ、自分で焼くのが普通。
だかここ神戸ではお店の人が焼いてくれて、お客の前の鉄板は保温用だと言う。
初めてのシステムに「へ〜〜」と感心。でも考えてみたらお店の人が焼くほうが美味しいはずだ。こっちの方がいいじゃん!!
b0011068_11494456.jpg
さて「すじ天」。東京の私達には何が入っているのか全く想像が出来ない。「すじ」とは細いコンニャクになにか下ごしらえをしてあるもののようだ。(→訂正:てつや師匠説明引用「すじ」とは牛スジとコンニャクを長時間煮込んだもの)くわしく師匠に説明してもらったはずなのだが、なにせ食べ物を前に興奮していたので記憶が微妙になってしまった(-_-;)
焼いた生地にキャベツを乗せて、具を乗せて、タネを乗せて焼いていたように見えた。スピーディーに動くお店のおばちゃんの手の動きにいまいち私の観察力が追いつかなかったので、違うかも知れないが、だいたいこんな感じだ。東京は一辺に混ぜてどかっと焼くのでそれとは違った事は確か。
ソースは二種類ほど置いてあり、自分で好みのソースをかける。
ドロソースと呼ばれるソースは辛いらしく、ためしにそれをかけたら想像より辛くて、私にはぴったり♪だった。クセになる辛さ。東京に持って帰りたい。
なんとも言えない「すじ」の食感と薄手のお好み焼きは今までのお好み焼き概念を吹き飛ばす程、斬新な感じがした。ちょっと大げさか?
東京のもっちりお好み焼きも好みだが、神戸のお好み焼きも大好き♪になってしまった。
b0011068_11491180.jpg
次にそばめし。一時関東でもブームになり冷凍食品にもなったが、いまいちその魅力を発揮し切れていなかった東京のそばめし。今回は本場である。
薄めに味付けしてあるので、自分で味の調節が出来るようになっている。
味はさっぱり、でもなんとも言えない香ばしさがあり、御飯とぶった切られたそばが絡まり合い、美味であった。今回はミックスだったのでタコに海老にスジにと具も豪華!
今度家で試してみよう。でもドロソースが味付けのポイントの一つかも。

と、楽しくそばめしを楽しんでいたのだが、気がつくと新幹線に乗らねばならぬギリギリの時間。師匠に先導してもらいダッシュで新神戸に向かう。
慌ただしい中でも取り合えず駅弁の「ひっぱりだこ」を購入する事は忘れず。
お世話になったてつや師匠達にお礼を述べ、新幹線乗り場に向かったのだった。
さようなら神戸!また来るよ。絶対来るから!
そして神戸を後にした。
もちろん新幹線の中では夫婦二人の駅弁飲み会が始まった。

#神戸でお世話になった皆さんに本当に感謝している。皆さんが東京に来る時には不肖アマグリ、美味いもの巡りを差配させていただきますm(__)m
[PR]
by amaguri-306 | 2005-01-22 11:52 | 旅行:神戸

明石で明石焼♪

夢のような宴会の後、てつや師匠のお宅に宿泊させて頂いた。(感謝)
せっかく神戸に来たのだから神戸らしいものをと色々と考えて下さり、翌日は明石焼(神戸では玉子焼きと呼んでいた)を食べに行く事になった。
そして翌朝、いざ明石に!!
車窓から明石大橋を望み、美しい海に感動しつつ、明石についた。
地元の人おススメの「お好み焼き道場」なるお店へ。駅から歩いて、私のイメージとしてはかなり路地の奥深くまで行った気分。実際はそんなに奥まで行ってないと思うが。
しかし絶対に観光客だったら見つけられないし、入れない店だ。素晴らしい。地元の方の案内があるとこういった素晴らしい経験が出来るので感謝しきりである。
まだ朝11時頃だったのでお店が開いてるか心配だったが、無事にお店は開いていた。
さっそくヱビスビールで乾杯。\(^-^)/
そうして心待ちにしていた玉子焼きが…
b0011068_19574146.jpg
超ど迫力。こんなの見た事ありません、東京では…。
パクリと食べると熱いから気をつけて!とお店のおばちゃんに注意を受けつつ、そう言われるとやってみたくなるのが人情。こっそりパクリと食べてみたら本当に熱かった(^^;
あとで判明した事だが、博士も同じようにパクりを試していたらしい。さすが夫婦である。
さて、この玉子焼き。ふんわり柔らか、中のタコも柔らかい。だし汁につけながら食すのだが、このだし汁も絶妙にうまい。おもわずだし汁もたくさん飲んでしまったほどだ。
本場の、しかも神戸人おススメの玉子焼きは本当に本当に美味しかった。
満足で幸せな気分で明石の街を散策。市場をそぞろ歩いたりと楽しかった。
せっかくなので、家でも明石焼(玉子焼き)を試してみたい。じん粉と言う細かい上質の小麦粉を市場入口で購入し、売り場のおばあちゃんに秘伝の?明石焼(玉子焼き)用のレシピを頂いた。ちらしの裏側に書いてある素朴なレシピ。こういうものが宝物である。
この後、てつや師匠が(こっそり迷っている様子ながら)おすすめのキムチ屋さんに連れて行ってくれた。本当にキムチだけを軒先で売っている渋い店だ。
ここでエゴマのキムチとハクサイキムチを購入。東京に帰ってから食したが、めちゃくちゃ美味かった。とくに私はハクサイキムチの味付けがドンピシャ。博士はエゴマキムチがドンピシャ。二人でマッコリを片手に思い出話に花を咲かせながら楽しんでいる。
さてさて、明石のそぞろ歩きを楽しみ、そんなこんなで小腹が空いてきた。
次は何を食べましょうか??もう絶好調の胃袋はあるターゲットに向かっていたのだ。(続く)
[PR]
by amaguri-306 | 2005-01-21 19:58 | 旅行:神戸

二次会、三次会、四次会について…(その2)

「ムシアナ」という単語に心奪われている私達夫婦を優しく見守るてつや師匠。
三次会の会場を私達の願いを叶えるべき寿司屋に決めて下さり、方々に連絡をつけてくれた。本当に感謝感謝である。
お店に入ると、すぐに座敷に通された。すばらしき段取りにただ感動しきり。
またすでに話が通っており、店にあるありったけの蒸しアナゴの握りが大皿でやって来た。
「ささ、初めてのムシアナを体験する姿を見せて下さい」と一番初めに箸をつけさせていただいた。
b0011068_18571758.jpg
「うううううううううんめ〜〜!美味い!美味い!」
ムシアナはふっくらとした身、さっぱりとした、それでいて脂の乗った味わいであった。
遠慮なく何個も何個もムシアナを頂いた。
もう多分大皿のほとんどを私が食べた気がする。
隣のテーブルの我が旦那も同じ様子でもう一方の大皿を抱えるような勢いでムシアナを食べていた。
もうお世辞抜きで、美味かった。今まで食べたアナゴ寿司で一番美味かった。
このあと焼きアナゴとウニを食べ、三次会は熱く幕を閉じた。

さて、宴はまだ続く…
四次会は韓国料理屋さん。神戸に来るのは今回を含めて3度目だが、この韓国料理屋さんにくるのは「くにきや」さん襲撃と同様2度目だ。あまりにもディープで美味い店だけに行っているので、まるで神戸の地元人になったような錯覚さえ覚える。
ここでは新鮮なマッコルリや手に入りにくいドンドン酒→訂正:トンドン酒(発泡したマッコリと言った感じ)をするめキムチ等と一緒に頂きながら、皆と談笑した。今回初めてお会いする方ばかりだったか、緊張する事もなく、本当に楽しい時間を過ごせた。皆、本当に素敵な人ばかりだった。

すばらしい料理、そしてすばらしい神戸の人々に出会えた事を感謝しながら、宴は幕を閉じた。

でもね、神戸食い倒れの旅はまだ終わらなのだ。
翌朝に続く…

#この場を借りて、改めててつや師匠はじめ皆さまにお礼を申し上げます。m(__)m
[PR]
by amaguri-306 | 2005-01-20 18:57 | 旅行:神戸

二次会、三次会、四次会について…

さて、続き。
焼肉天国を味わった後、なんと二次会は焼き鳥屋さんであった。
ワイワイと話し込んでいた私。ふと気がついたら美味しそうな鶏料理が机の上に所狭しと並んでいるではないか!
b0011068_19174886.jpg
「おぅ!なんて素晴らしいんだ!幹事様ありがとう」と心の中で叫びながら、鶏料理を泡盛のロックなぞで頂き、色々な話に花を咲かせ続けた。楽しい。
特に興味深かった話はやはり関西と東京の食文化の違いである。
注目すべき話題はおでんの具材であった。
今回特に注目された関東の具材は「ちくわぶ」である。
私にとっては子供時代から馴染みの深い「ちくわぶ」。もうこの「ちくわぶ」がおでんに入ってなかったら悲しくて泣くか、暴れる。そう「ちくわぶ」。
しかし神戸の皆さまには全く馴染みがないらしく、あり得ない具材との称号を頂いた。
次回の神戸参りの際はこれまた馴染みが薄いという練り物の「すじ」と「ちくわぶ」を土産として持ち込み、その魅力を力説したい。

その後寿司ネタの話題となり、「ムシアナ」という聞きなれない単語を聞きつけた。
「なんですか!!そのムシアナとは!!」
神戸では当たり前の単語なので、私の問い掛けに「??」という表情。
そうムシアナ=蒸したアナゴなのである。
東京のアナゴは煮アナゴが普通なので、蒸しアナゴの寿司は食べた事がなかった。
鼻息荒い私達夫婦をそっと見守る幹事様。
そして三次会は…(続く)
[PR]
by amaguri-306 | 2005-01-19 19:18 | 旅行:神戸

まずは新年会(焼肉)について

今回の神戸旅行のメインは焼肉を食べる事である。(きっぱり)
予定の時間より早めに到着。
準備体操をし腕まくりをして宴を待った。
思えば4ヶ月前に神戸に赴き、初めて「くにきや」さんの焼肉を食べてからそのトリコ。
新幹線に乗っても行きたいお店になどにはそうそう会えないものだ。
素晴らしき出会いに感謝である。
さて、今回もそのくにきやワールド存分に味わってきた。
b0011068_2026335.jpgまずは生ものである。
普段は苦手なレバーも「くにきや」さんのレバーは大好物♪人の分まで食べる勢いでレバーを味わった。思い出すだけでヨダレが…美味い。堪え切れず「うんめ〜〜〜!」と絶叫しつつ生ものを制覇である。丁寧に仕事されたセンマイなど、思い出すだけで涙が出る。
幹事のてつやさんが新年会メンバーの各テーブルに挨拶に行っている間も、遠慮なく食べ続けた(笑)
弱肉強食?なのである。ちょっぴり心配そうなてつや幹事長の背中に哀愁さえ感じた。

次から次へと繰り出す美味い肉。
そう、ここは焼肉天国だと改めて感動。
毎回極楽気分を味わうのだが、今回は更にすごいモノが…
恐るべし「くにきや」さん!恐るべし神戸!と震えた。
マジで博士と移住を考えるほどのお肉が出てきたのである。
さわやかな笑顔とともに「まかないで食べてるようなお肉ですが…(にやり)」と見事な関西ノリで出された肉を見て(゚〇゚;)である。
b0011068_20262450.jpg
こんなまかないが出るなら、私「くにきや」さんで働かせてもらいたい。もちろん給料は肉で。しかし特上ロースは美味かった。

b0011068_20265795.jpg食べた事の無いような美味しいホルモンを頂き、マッコリもたっぷり頂き、ビビンパ巻き巻き焼肉も頂き、幸せな宴を満喫したのであった。

そして「口の中でとろけるだけが焼肉じゃない…」という名言を聞き、激しくうなずいた夜なのであった。


が、新年会はここで終わりではなかった…(次回へ続く)
[PR]
by amaguri-306 | 2005-01-18 20:28 | 旅行:神戸


飲んだくれ主婦の日常


by amaguri-306

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
あお君ジャーナル:愛犬
犬ご飯(あおレシピ)
グルメ&酒
飲み会
旅行:神戸
旅行(国内)
旅行(海外)
日常
スキー
読書感想
手芸部
お江戸散歩
ダイエット
平成バカ田大学
ネイル
F1
ビアガーデン
美容?!
大学
デジタル一眼レフ
2011年タイ旅行(サムイ)

★about me★

★博士(夫)と愛犬(あお君)とのんびり楽しく東京で暮らしている。
★酒が好きな食いしん坊!

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月

フォロー中のブログ

TOKIOで遊ぶ
ナガシマブログ
SAVA家の日記NEW!
美味つれづれ
★フレンチブルドック:あ...
がんもどきのがんも
愛犬中心的生活日記
ボステリ☆Ramiro ...
Happy Life BLOG
黒パグのリンちゃん♪♪
武蔵くんの縁側日記

ライフログ

アマグリお気に入り

Twentysomething [UK]


ルーム・フォー・スクエア


Catching Tales

最近はまった本

深尾くれない


ぼんくら

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧