「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

奇蹟の肉の日

今日は4年に一度の奇蹟の肉の日!
4年前から焼肉は決まってるのだ\(≧▽≦)丿

最近、記憶をなくす事なく、清く正しい酔っぱらい?!なので…今日は弾ける。(断言)
しかも金曜だから仕事の心配もない!(笑
うん、ビールもマッコリもチャミスルも飲んじゃう!
いつもと同じ?

朝からソワソワしてる。
[PR]
by amaguri-306 | 2008-02-29 09:17

一泊スキー旅行withあお(スキー編)

今シーズンの目標。
その1:エコーバレーのアンデルマット(最大斜度35度)で滑る。
その2:博士が使っていた板(フィッシャーGX7)を奪い、デビューをする。
---------
さて1日目は今シーズン初めてのエコーバレー。嬉しいな。
そして久しぶりに一緒に滑るI夫妻やK君もいて更に嬉しかった。ワーイ!!

天気はあまり良くなかったけど、気にしない(笑 
気にならない!いいの、滑れれば♪スキー大好き。
晴天率が高いはずのエコーバレーに行くたびに吹雪だったりするけど(笑)、楽しい友人に囲まれれば、心は晴天♪

さあ、足慣らしを終えて、いざアンデルマットへ!

一本目:
ビビっていたので、ゆっくり板をずらし気味に降りる。あれ?怖くないよ。
次はもっと攻めて滑れるはず!もう一本!ウキョー!!たのすぃー!

二本目:
滑ってる途中でハッと気がつく。ここ急斜面じゃん!(笑
途中でビビってしまい、不完全燃焼。

三本目:
意外と普通に滑ってしまう。うーん。もっと上手に滑れるはず。

四本目:
アンデルマット名物の滑落者になる。ちょっと失敗しただけなのに、がーーっと半分ぐらい滑落。
「転んだ訳じゃないんですからね!ちょっと横になっただけですからね!」と訳の分からない負け惜しみを言い続ける。
もう一本滑りたかったけど、足も疲れてたし怪我をしても嫌なので今回は4本だけ。
というか、博士に諭されて今回は4本で強制終了。正解だったと思う。

少しは上達したのか、アンデルマットをあまり恐怖を感じず滑る事が出来た。
もっと攻められると思うんだけど、やっぱり斜度に技術が負けてるんだな。。。
もっと軽やかに滑れるようになりたい。
次の目標はGX7でアンデルマットに決定。

今回気がついた事。
今まで滑る事にいっぱいいっぱいで心に余裕がなかったのか、エコーバレーを滑っていても気がつかなかった事に今回ハッと気がついた。
エコーバレーって本当に「バレー(谷)」なのね。アハハ〜
b0011068_21222515.jpg
(ブランシュからみたエコーバレー)
谷を滑ってるって、景色も含めて初めて良く分かった気がする。
バレー感を存分に味わう滑り方が今回は出来たので、すごく楽しかった。

ナスターコースを楽しみ、バレーを楽しみ、アンデルマットも滑った。
大満足!

(余談)
ナスターコース3回分のレシートで一回クジがひけるというので、先に帰った皆の分のレシートも一緒に持ってインフォメーションへ。
すると「抽選場所、ここじゃないんです。第六リフトの横です。あ、でももうリフトが止まってていけないかも。。」と告げられる。
がーーーん!
仕方ないので、トボトボ帰ろうとすると。。。
「こんな風の強い日にわざわざ来てくれたのに、申し訳ない。あ、ちょっと待ってね。」とおじさんが奥に戻ってガサガサ何か探してる。

「これね、クジは引けないけど靴下をどうぞ。せっかく来てくれたんだもんね。ありがとう。晴れてるとね、もっといいスキー場だからね、また来てね。嫌いにならないでね。来てくれてありがとう。」と優しく靴下を差し出された。

「こちらこそ、申し訳ない!ありがとうございます!エコーは天気が悪くても楽しいスキー場です。晴れてるエコーも知ってます。嫌いになんてなりませんよー。ありがとうございましたー!」
と、頂いたかなり派手な色の靴下をブンブンおじさんに振ってエコーバレーを後にした。
あの靴下、履いたら足が黄色に染まりそうだな(笑 
でも嬉しいから履いちゃう!

---------
二日目はブランシュたかやまへ。
b0011068_20552232.jpg
デビュー!

博士のフィッシャーGX7を強引にアマグリ用にチューンナップ済。
もう私の物だ!(笑
勝手知ったるブランシュなら安心して冒険できる。
スキーヤーズオンリーだから滑りやすい。
トレーニングバーンを中心に滑りまくった。

さて、フィッシャーGX7第一印象は「重っ!」だった。
いつも使っているサロモンのレディースモデル(コハダちゃん)が極端に軽いから、余計にそう思うのだろう。
一本滑るだけでも「はぁはぁ」してた。

博士曰く、フィッシャーGX7は操作性が抜群で軽く、簡単に曲がれるけど、スピードに乗ると板がばたつく感じがするらしいのだが、私の場合は逆。
フィッシャーGX7は雪面をヌメーっと捉える感じがある。
しかもちゃんと板に乗らないと曲がってくれない。
でもスピードに乗ると板が安定してくる。
人によって印象って違う物だ。
慣れるまでは難しいな〜って思ったけど、ちゃんと板に乗れ始めるとこれがまた楽しい板になってきた。
安定感が素晴らしいし、やはりコハダよりスピードが出る。
そして適度な板に対する征服感も感じる。面白い!
フィッシャーGX7、頂き!

この日もブランシュたかやまを大満喫した。
博士が追いつかないほどのスピードでノリノリで滑りまくっていたらしい。
止めないとどこまでもいつまでも滑ってしまいそうだった。
今回は「あああ、良く滑ったな〜」って自分でも思うよ。

さあ、シーズンも残り少なくなってきたけど、怪我には気をつけて滑りまくりたい!
[PR]
by amaguri-306 | 2008-02-27 21:10 | スキー

一泊スキー旅行withあお(宿泊編)

先週末、一泊スキー旅行に行った。
なんと、なんと、あおさんも一緒に!初の試み!
いつもはお母さんとお留守番だけど、今回は一緒に雪国へ旅だ。
あお、大張り切り!前日から犬ボックスに入ってた。張り切り過ぎ(笑

色々調べて見つけたペンション白樺倶楽部さん。
エコーバレースキー場近くにあるペンションだ。
飼い主がスキーをしているあいだペットを預かってくれる。
家族以外にあおを預けた事がなかったので色々心配だったが、メールでの問い合わせの時からオーナーさんがちゃんとその心配を親身に聞いてくれて、とても安心感があったので思い切ってチャレンジしてみる事にした。

実際会ってあおの良い面も悪い面も良く見てくれた。
「人好きで、好奇心旺盛、元気いっぱいで、やんちゃ坊主。少々興奮症な点があるけど、たいした事無いよ。フレンチの良いところが良く出てるいい子。飼い主が思うほど駄目な子じゃない。犬付き合いも、恐がりだけど、あおちゃんよりもすご〜く大きなおとなしい犬から馴れて行けば大丈夫。あおちゃんならうちに3日ぐらいいればすぐにもっといい子になるよ。」
ああ、なんて嬉しいお言葉。犬留学させたい、マジで(笑
なにせ犬社会とあまり触れる機会がないし、甘やかせてるからな。。
オーナーと色々話して、あおがもっとイイ犬になれるように、私も頑張ろうと思った。

さてあおよりもすご〜く大きな15歳のゴールデンと9歳のボクサーとご挨拶。
相手がとてもしつけが出来ていてお利口さんなので、いつもみたいにあおがアワアワしてなかった。びっくり!いつもならアワアワしどうしなのに。包容力あるな〜
お留守番時は、目の届くところにリードでつないで看てくれて、希望回数散歩にも連れて行ってくれる。
お留守番の間の出来事もメモしてくれて、伝えてくれる。

結局1日目は寂しがりやキャラと甘えん坊キャラとやんちゃぶりを炸裂させて、オーナーママさんがずっとあおを連れてお仕事をしたそうだ。(お風呂場までくっついて歩いてたそうだ。)ああ、すんません。

二日目はペンションのワン子達ともなれて、一緒に囲まれながら昼寝してた。
ちゃんと犬の様子をみて色々と加減をしてくれているのも分かって、本当に慣れてるな〜と感心した。

最後には「うちの子になる?ウフフ。(ペンションには8頭の可愛いワンコ達がいるので)9番目の子になろうか?あおちゃんならいいわ〜」とママさんに言われてた。良かったね、かわいがってもらえて。

みんなに「あお、大丈夫かな?」と心配してもらいましたが、あお頑張りました!
なんかとっても楽しかったみたいで、最後は帰るのを嫌がるほど。
良かった、良かった。

さて、白樺倶楽部、犬天国だけではない。

ご飯もおいしいし、部屋も広いし清潔だし、お風呂も源泉温泉が貸し切りと人にも天国。
b0011068_2055396.jpg
料理はフルコース!魚が絶品だった。美味い!
b0011068_2033782.jpg
これは信州牛ステーキ♪柔らかくって、美味しい。肉大好き。
b0011068_2042186.jpg
宿オリジナルブレンドの赤ワインはドライで食事に良く合う。もちろん白ワインも飲んだけど、こちらも辛口なのにフルーティーで美味しかった!

b0011068_2011495.jpg
ボクサーのマリちゃん。あおと同じ香りがする(笑)甘えん坊で優しい貴婦人でした。

気さくで素敵なオーナー夫妻との会話も楽しく、美味しいご飯とお酒を楽しみ、めちゃくちゃ可愛いワンコ達とも触れ合った。

犬連れのスキーにはおすすめの宿だと私は思う。

b0011068_20116100.jpg
白樺倶楽部さん前で。寒いと騒ぎながら散歩中。

b0011068_20131342.jpg
酔っぱらいと可愛いあおちゃんの図。(いつもの事だけど)

あおにとって、(私たちにとっても、)とてもチャレンジな旅だったけど、思い切って良かった。あおも私たちもとても充実して楽しい旅になった。
また是非あおと一緒に白樺倶楽部さんに遊びに行きたいと思う。

オーナーご夫妻、そして宿のワン子達!ありがとうございました!!!
[PR]
by amaguri-306 | 2008-02-27 20:13 | スキー

バレンタインデー

職場では「おじさん達に配る義理チョコを止めるかどうか?」と全く色気のない話題で持ち切りだったバレンタインデー。。。結局続行が決まって、慌ててチョコを買いに(笑)
もうチョコ売り場はものすごい人だった。
どうせ止める勇気もないんだから、楽しんじゃえば?と思うんだけどね。

そんな義理チョコは別にして、我が愛する博士と、大切な人たちには前もってチョコをお取り寄せしておいた。
色々選んで、今回は白金 ショコラリテ エリカ。美味しいといいな〜

追記:(画像はショコララリテ エリカから拝借。問題あったら削除します!)
b0011068_9523498.jpg
私も食べてみました!
マ•ボンヌ:ミルクチョコの中にマシュマロとナッツが入ってて、美味しかった!
普段甘いもの食べないけど、これはクセになりそう!
若干切って食べないといけないのが面倒くさいけど、美味しいから良し。
こんなバーもある。これなら直接齧れるのか(笑)?
b0011068_9563077.jpg


b0011068_19504058.jpg
そして、あおには特別「バレンタインディナー」♪
b0011068_19504236.jpg
若干食べにくそうだったので、速攻いつものご飯入れに。。
[PR]
by amaguri-306 | 2008-02-14 19:50 | 日常

風邪には肉

風邪を引いたらしい。咳とだるさに凹んでいる。
病院に行くほどではないので、試しに市販されている風邪薬を飲んだ。
これがびっくりするほど効く!風邪の症状がすっかり消えた。
おまけに職場で朗らかに陽気になっちゃうぐらい。風邪薬効き過ぎ(笑

薬が効くと食欲も出てきた。
風邪には肉。
一日中肉が食べたくて仕方なかった。

肉肉肉肉肉肉

博士は出張でいないし、(日曜日焼肉行ったばかりだから)いつもの飲み友達を誘うのも悪いし(自主規制)。。。
ヒトリスト@焼肉しちゃう?とも思ったけど、根性無しだから、結局従兄弟のお兄ちゃんに連れて行ってもらった。
せっかくなので焼肉屋を新規開拓したけど玉砕。ほとんど肉食べられず。
店の名前も忘れた。
どうも納得がいかず、2軒目へ。
つくねが美味しい新小岩南口の「竹とんぼ」に行った。
相変わらずつくねが美味しかった。ほっとした。マスターも弾けてて面白かった。
風邪引きなので早めに帰宅。

やっぱり風邪には慶州苑の焼肉だと思った。うん。
水曜日(慶州苑定休日)に風邪引かないようにしよう。
[PR]
by amaguri-306 | 2008-02-13 23:46 | 日常

惑星ショコラ

b0011068_19475162.jpg
ちょっと早めのバレンタイン。
博士がもらったチョコにFoucher(フーシェ)の惑星ショコラが入ってた!
可愛いな〜
見てるだけで幸せ。
惑星全部そろってるやつ欲しい。
あ、私はあげる側か(笑
[PR]
by amaguri-306 | 2008-02-11 19:47 | 日常

おかえりなさい

無事にドイツ出張から博士が帰ってきた。
おかえりなさい!

結婚してからこんなに長い博士の不在は初めてだろうか?
昔は日本と海外は遠い〜って感じだったけど、今や携帯でメールも電話も簡単に出来る。
今回は文明の力に助けられた。
博士の携帯が海外対応だから、普通にメールとかできて、私はおばあちゃんみたいにビックリした(笑)すごいねぇ。。「昔はさー。。。」なんて語りそうになった。
CMとかで全世界で使えます!なんてあって、でもそんなの必要ないんじゃないの?って思ってたけど、必要かも。一応夫婦で外資系勤め。私も携帯変えるとき考えよう。

お土産に酒やフォアグラ、ソーセージを買ってきてくれた。ワーイ!
もう一個お土産袋があったらしいが、ロストバッケージしてしまったらしい
新婚旅行カップル、席が離れたから席を代って欲しいと言われ代ってあげた博士。
荷物も早々に移動したいと言われ、移動してあげた博士。
似たようなお土産袋がぐちゃぐちゃだぁーと思ったらしい。
きっと新婚カップルのお土産の追加になっているのだろう。
いいよ、博士が無事に帰ってきてくれれば♪
それに今度一緒に行って買うから(笑

お留守番係、仕事して遊んで飲みながら頑張ってました!(笑
果てしなく頼りない留守番でしたが、家とあおは無事でしたよ。
私の記憶は一個無いけど>赤ワイン。

ともあれ夫婦の片割れが帰ってきて安心&嬉しいのである。
[PR]
by amaguri-306 | 2008-02-10 16:26

幻?

(とても「超」長文です。おひまな時にどうぞ。でも忘れる前に書いておく。)

土曜日。
午前中は青空の下、白樺高原国際スキー場でスキーを楽しんでいた。
午後になりしばらくすると静かに雪が降り始めた。風もなく、静かに。
なんとなく今日は調子も乗らないし、早めにあがって雪見露天風呂でも行きますかと言う事になって切り上げた。

駐車場に着くと、朝とは全く違う景色が広がっていた。真っ白だ。
車にも、地面にも雪が深く積もっている。
片付けをしている間にもどんどん雪が積もって行く。静かに。
シーズン中はかなりの確率で週末は雪国に繰り出しているが、なんとなくいつもより雪の積もり方が早いのを感じ取っていた。
しかし、この時は「ああ、すごい雪だな〜」なんて暢気に思っていた程度だ。
そしてスキー帰りにいつも行く石遊の湯へ向かう道中、この近辺では私が見た事がないほど雪が深く降り積もって風景が広がっていた。暖冬の去年では見れなかった風景。あたりまえだけど、ああ、ここは雪国なんだなと改めて思っていた。

するとアクシデント発生。
なんともう一台一緒に行動していた友人の車が側溝にはまった。
誰も慌てている様子がなかったので、私も一瞬落ち着いてみたが、キュルキュルキュルと頭の中が軽くパニック開始。これは大変だ。
私が出来る事は何でもしよう。友達を助けるぞ!がんばるぞ!と思っていた。
すると静かに牽引ロープ(命名:ビヨヨン(ロープ))を友人が取り出し、「これでゆっくりまっすぐ引っ張ってください。」と落ち着いて言うではないか!
すごい、牽引ロープ持ってるなんて!感心しきり。
ああ、スキーヤーのたしなみかもしれない。反省。ほとんど使わないかもしれないけど、今度ビヨヨンを購入して自分の車に入れておこう。
もう一台の車で牽引し、なんて事無くひょいっと側溝から車を引き出し、何事も無かったかのように露天風呂へ。ビヨヨンすげー!
備えあれば憂いなし。

雪深い露天風呂を楽しみ、まるで北海道の絵ハガキのような景色を抜け、夕飯を食べにファミレスへ。
楽しく会話をしながらも、静かに降り積もり続ける雪が少し心配になってきた。
携帯で検索すると「諏訪ー小淵沢 通行止め」とある。
なんで?雪で通行止めなのか、事故処理で通行止めなのか情報が錯綜する。
事故処理という情報もあり、しばらくファミレスで様子を見ていていたが一向に通行止めが解除される気配がない。
色々とルートを考え、小淵沢まで国道で抜けて小淵沢ICへ向かう事に決定。
諏訪で名古屋方面の友人と別れた。(名古屋方面は雪で壊滅的な道路状況らしく、彼は諏訪で一泊決定。きっと翌日も野麦あたりで滑っているだろう。存分に楽しんで来てほしい!)

さて、小淵沢に向かう道。
静かに静かに静かに降り積もる降り積もる降り積もる雪。真っ暗な雪深い道。
ナビをたよりに知らない道を行く。
高いビルに登っているような高揚感が続く。
ああ、なんかドキドキするよ。まさにアドベンチャーだよ。
たぶんスタッドレスタイヤ&普通の車で走れる限界なんじゃないだろうか?
前にも一度大雪で高速が通行止めになった事があって国道をずっと走って東北に向かった事があるけど、昼間だったし、雪がどんどん降り積もるって感じじゃなかったからそんなにドキドキはしなかった。
しかし今回は違う。

ふと友が語る。
「あのさ、北の国からのドラマでさ、純君とおばさんが雪道でスタックして、ガソリンも無くなって、どんどん雪に埋まって行くシーン覚えてる?で、寝たら死んじゃうっておばさんが純君のほっぺをたたいてさ、寒いところで寝たら死んじゃうってあの時覚えた気がする。」
その時は思い出せなかったけど、はっきりあのシーンを思い出した。
いざとなったらスキーウエア着て、ハイチュー食べて、寝たら死んじゃうって頑張ろうよ。いや、大げさじゃなくて。

助手席に座り、運転を代わる事も地図を読む事も出来ない自分が情けなく無力で、ただ運転してくれる友に時々ハイチューを配給する事しか出来ない。ごめん。
友よ、頑張れ!

ナビがぐるっと遠回りするようなルートを示している。まっすぐ行けないのか?
すると目の前に地図にはないまっすぐな道が見えてきた。
??
これまっすぐ行って曲がれば近くない?
行ってみよう!
しかし行けども曲がる道がない。
見落とした?
いや、道なんか無かったよ。
しかたなくUターンして元の道に戻る。
やはり曲がる道がない。うーん、あの道何だったの?
あのまま、まっすぐ行ってたら異次元だった気がする(笑
結局、まっすぐに続いていたあの道がなんだったのか分からないまま、ナビの言う通りに遠回りチックなルートで再度小淵沢ICへ向かう。
幻見た?

そして、ふと気がついた。
「こんな事態に言うのもなんだけどさ、すごい雪きれいじゃない?」
木々が真っ白な雪で覆われ、まるで作り物みたいだ。
どこまでもどこまでも真っ白い雪が続いていて、静かに雪が降り積もっている。
ここは北海道かフィンランドかと言う雪景色。
冬の幻を見ているのか?なんか全てが非現実的すぎて幻に思えてくる。
ところで今日って何しにきたんだっけ?
スキーしたっけ?

そんな雪の中、知らない道と格闘しながら小淵沢インターチェンジへ到着。
「目的地に到着しました。」ナビが告げる。
やったー!頑張った!わーい!
って、まだ小淵沢だし。

小淵沢から中央道に乗ったものの、「え?この積雪道を走らせていいの?」って言う積もりっぷり。中央道さん、太っ腹すぎね?
「ねえ、ねえ、中央線どれ??」「うーーーーん、ごめん、分からない。」
もう中央線がどれかわからない、しまいには無い線が雪のせいで見えてくる。
幻?
私、生きてるよね?

でも高速が動いてくれているのはありがたい。
途中、情報収集&休憩で止まった双葉SAはまるでスキー場のセンターハウスみたいな趣きに。。
あ”あ”〜、ここどこ??朝の双葉SAとは全く違う。
また幻見た。

さあ、あとは東京まで帰りましょう。
そこで赤い文字の電光掲示板が。
「相模湖ー八王子 雪通行止め」
えええ!
こんだけの積雪道はOKで、相模湖ー八王子は駄目なんて。
どれだけ積もってるの?
どうしても信じられず、途中のSAで情報収集。
やはり「相模湖ー八王子 雪通行止め」。
でも信じない。嘘だよ。私たちだまされてるよ。
相模湖まで行ってみよう。
小淵沢ー相模湖間の積雪路の画像を見せて、
「私たちはここを無事に走ってきましたって言えば通してくれるんじゃない?」
いや、無理か。
行ってみたけど、やぱっり「ここで出よ」って電光掲示板。

今度は相模湖の横を通りつつ、高尾山を抜け、八王子ICへ向かう事に。
すごいね、今日は湖を3つも見てるよ。
女神湖、蓼科湖、相模湖だよ。1日で起きたとは思えないね。。ハハ
諏訪ー小淵沢間で、ものすごい積雪路を経験しているので、何が起きてももう驚かない。

やっと八王子ICにつき、また高速道路に乗って家を目指す。
しばらくすると、ものすごいスピードで屋根に付いてる行灯を点滅させて走って行くタクシーが私たちを追い越して行った。
何あれ?見た事無いんだけど。
なんか人の心に「緊急」を知らせるようなサインなのだ。
でも何のサインなのか分からずオロオロする。しかもものすごいスピードで走って行ってしまったから、車の色もナンバーも何も分からない。
すると同業者のタクシーが私たちの前に何台もいるのが見えた。
何のサインか私たちは分からないけど、同業者なら分かるはず。エマージェンシーならきっと対応してるはず。前を走っていたタクシーとすれ違い様に運ちゃんを見たけど、特に慌ててる様子もなく、普通だった。
よし、大丈夫だね。なんかすごい心残りだけど。
家に帰ってからググってみたら
「ドライバーが自分の危険を知らせる非常灯の役割も持っています。もし、行灯が赤く点滅しているタクシーを見かけたら、110番通報してください。」
(知りませんでした。心配です。)

全く想像できないアクシデントに愚痴をひとつもこぼさず、状況や情報を整理し、ベストな判断をし、普通に話をしながら運転をしてくれた友人に感心&感謝している。
あれだけの状況なのに、車内が平和だったのは友人おかげ。本当におつかれさま。しばらくは「様」付けで呼びたい気分だ。

朝起きたら、「夢だった」の夢オチだったんじゃないだろうか?とも思える。
もう、冬の幻を見たかのような1日。
冬の幻伝説誕生だ。
[PR]
by amaguri-306 | 2008-02-10 11:44 | スキー

猛省

2008年バージョンの飲んだくれアマグリ。
酒を飲むとすっぱり記憶を無くす。この現象、今年に入ってからだ。
でも無事に家に帰ってる。(というか、博士や友達のサポートがあるからだと思われる。)

朝起きると、買った記憶の無いシュークリームとか
外に放置してデロデロになったアイスとか
最近大好物のホットケーキがある。

「???誰が買ったの???」
「アマグリ、昨日コンビニで買ってたよ。」
「!!!」

今まで平気だった量で、二日酔いになったり、記憶が飛んでしまう。
酒量が増えた訳じゃないので(むしろ減った?)、酒に弱くなった??
年のせい??
適量をたしなむ程度。。。がよくわからない。

会社の健保だよりに「酒を飲んで記憶をなくすようになったら危険です。」って書いてあった。
猛省。

酒は飲んでも飲まれるな。。。飲まれまくっている今日この頃。。

ブログ名を「飲んだくれアマグリブログ」から「飲んだくれないアマグリブログ」にするか、この際「酒に飲まれまくりアマグリブログ」に替えるか(笑)
[PR]
by amaguri-306 | 2008-02-08 19:29 | 日常

安比高原でスキー三昧

ずっと行きたくって、なかなか行く機会が無かった安比高原。
「1日有給とってさ、ゲレンデ直のホテルに1泊して平日に思いっきり安比を滑らない?」
と言う事で、思い切って先週の日曜&月曜に行ってしまった。

決まってから一週間もしないうちに新幹線に乗り、いざ安比へ!
思い立ったが吉日。

b0011068_20295661.jpg
新幹線でスキーと言うのも、なかなか楽しい。
もちろん駅弁とビールは忘れずに。

さすがに日曜日の朝一の新幹線。しかも「やまびこ」だけあって仙台を過ぎたあたりからガラガラ。気がついたら貸し切り。
b0011068_2031569.jpg
新幹線貸し切りなんて面白いので記念撮影。

さてさて、盛岡駅からさらにバスで1時間弱。
b0011068_2041531.jpg
安比高原スキー場
安比高原スキー場安比高原スキー場はゲレンデ総面積282ヘクタール。
コース総延長45.1km。
コース数21コースと東北屈指のビッグなゲレンデ。
アスピリンスノーと呼ばれる極上の雪質を楽しむことができるのが売りだ。
b0011068_2047746.jpg
とにかく適度に斜度があり、ちゃんと整備がされていて、しかも雪質が最高!
初心者から上級者まで思う存分楽しめるゲレンデだと思う。
ロングコースが多く、滑っても滑っても「まだ終わりじゃないの〜(喜)」と言う感じなのだ。
このスキー場、良い雪を得るために、あえて北側にゲレンデを作ったらしい。
うん、素晴らしい雪だった。
b0011068_20362848.jpg
今までのスキー人生で、もしかしたら一番いいコンディションだったかも。アマグリめちゃくちゃご機嫌。滑れば滑るほど笑顔が湧いてくる。

日、月曜日と滑ったのだが、両日とも混雑なし。特に平日はもう滑り放題。
b0011068_2045925.jpg
ゴンドラも貸し切り状態。(嬉しいんだけど、スキー場の経営を考えると心配な面もある。いいスキー場はずっと継続してほしい。応援したい。)

もちろん、スキーリゾートとしても楽しい。
かまくらでご飯が食べられるかまくらランチはおすすめだ。
b0011068_20542412.jpg
ずっと、かまくらでご飯食べるのが夢だった。嬉しい。超嬉しい。
b0011068_20553940.jpg
チーズフォンデュで大盛り上がり。
b0011068_20562674.jpg
(↑画像:Hiさんのをちょっと拝借(笑))すごい寒いはずなのに、楽しくって美味しいかまくらランチ。
ワインを飲みながら、かまくらを大満喫。

夜の宴会も楽しかった!
b0011068_213571.jpg
泊まったホテル(安比グランドホテル)の焼肉@李朝苑もスキー場レストランとは思えない、なかなか本格的で美味しい焼肉だった。
b0011068_214626.jpg
お肉も魚介も美味しかった!
b0011068_214185.jpg
はじめはいつもの調子で酒を頼んでいるだけなのに不審がられ(笑、最後にはあまりの飲みっぷりの良さに、「お好きなようなので、、」と秘蔵の酒を振る舞ってもらった。アハハ

そうそう、笑えたのがゲレンデ食に「キムチ鍋」があった事。ネットで見てたら、韓国の高級スキー場と提携をしているので、本格キムチ鍋が食べられるとあったけど、想像以上だった。
b0011068_2111983.jpg
普通にコンロと煮えてない鍋が出てきて衝撃!
コトってコンロ置かれたときは、笑いがこみ上げてきて、思わず博士と友達の名前を絶叫してしまった。
b0011068_2111405.jpg
周りの視線を一身に浴びながらこいつをぐつぐつやりながらビール飲んだよ。
すっかり鍋つついてくつろいじゃって、スキーどころじゃ無くってしまいそうだった。危ない危ない。安比、恐るべし。

ナイターも存分に滑り、かまくらでご飯を食べ、焼肉宴会で盛り上がり、もう言う事なし!安比、イイ!!楽しい!
一泊二日じゃ滑り足りない。今度は二泊ぐらいしたいなぁ〜。
遠いので毎月とは行かないが、毎シーズンに一回は必ず行きたいスキー場だ♪

今シーズンは、新規開拓が多い。
今まで行った事の無いゲレンデに色々行けて、発見の連続。
日本ってスキー(スノボ)王国だね。万歳!!

安比高原
電話/0195-73-5111(代)
住所/〒028-7395 岩手県八幡平市安比高原
[PR]
by amaguri-306 | 2008-02-04 21:16 | スキー


飲んだくれ主婦の日常


by amaguri-306

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

カテゴリ

全体
あお君ジャーナル:愛犬
犬ご飯(あおレシピ)
グルメ&酒
飲み会
旅行:神戸
旅行(国内)
旅行(海外)
日常
スキー
読書感想
手芸部
お江戸散歩
ダイエット
平成バカ田大学
ネイル
F1
ビアガーデン
美容?!
大学
デジタル一眼レフ
2011年タイ旅行(サムイ)

★about me★

★博士(夫)と愛犬(あお君)とのんびり楽しく東京で暮らしている。
★酒が好きな食いしん坊!

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月

お気に入りブログ

TOKIOで遊ぶ
ナガシマブログ
SAVA家の日記NEW!
美味つれづれ
★フレンチブルドック:あ...
がんもどきのがんも
愛犬中心的生活日記
ボステリ☆Ramiro ...
Happy Life BLOG
黒パグのリンちゃん♪♪
武蔵くんの縁側日記

ライフログ

アマグリお気に入り

Twentysomething [UK]


ルーム・フォー・スクエア


Catching Tales

最近はまった本

深尾くれない


ぼんくら

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧