<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

近いっ

b0011068_22512443.jpg

携帯カメラであおを撮影。私の携帯にはこんな写真がいっぱい(笑)
[PR]
by amaguri-306 | 2009-10-26 22:51

おひけぇなすって

b0011068_18252948.jpg
おひけぇなすって

下仁田生まれの江戸は下町育ち あおすけと申します。(笑
[PR]
by amaguri-306 | 2009-10-21 18:26 | あお君ジャーナル:愛犬

あおすけ、元気です。

久しぶりですが、あお君はもちろん元気です!
先日葛西臨海公園に遊びに行きました。
一眼レフカメラが大嫌いなあお。
外なら気が散って、撮影出来るはず!

b0011068_1953447.jpg
隙を狙って撮った一枚。
F1流し撮りより難しいかも(笑
ちょっとオーバー気味だけど、こういう色好き。

b0011068_19545960.jpg
大好きなお水を飲んでいる所を狙って。ジロリって見てる所が萌えポイント。博士撮影。

b0011068_19554526.jpg
あおが赤ちゃんの時に、同じ場所で同じ様に博士に抱っこされてる写真があります。
8歳のおじさん大人になった今でも遊びすぎて「もう無理〜」になったあおすけでした。

涼しくなって来たのでフレンチブルドックもお外で遊べる時期になって来たね。
[PR]
by amaguri-306 | 2009-10-20 19:57 | あお君ジャーナル:愛犬

2009年 F1日本グランプリ観戦記(決勝:日曜日)

いよいよ決勝日です。
この日も快晴!
暑いぐらいでした。途中タオル(鈴鹿2009バージョン)を購入して日よけにしました。
b0011068_19403022.jpg
マーシャルやスタッフと色違いのビブスが付いて2000円でした。
来年もこのビブス持って行こうっと。

さて、この日私はカメラ撮影をしませんでした。
キミを応援せねばならぬのです。はい。

決勝の前にお楽しみのドライバーズパレード。
博士が撮った写真をお借りします。

まずはパレードのお手本。
b0011068_18564230.jpg
鈴鹿の次、ブラジルGPでワールドチャンピオンをきめたバトン様。
にこやかに、観客に見えるように。素晴らしい。

b0011068_18575198.jpg
貴公子ロズベルグ。
もう立ち上がって、観客に見えるように。素晴らしい。
ところで股に何を挟んでいるのでしょうか?(笑

b0011068_1858265.jpg
今やヒールの王者、ハミルトン。彼もプロらしく、観客に見えるように。素晴らしい。
この日、ハミルトンが乗ったクラシックカーが途中で止まってしまうというアクシデント!
なんと、アロンソの車に同乗という思わず会場がどよめく奇跡のツーショットがありました。

さて、さて、キミです。
b0011068_1901460.jpg
あ、座っちゃってる。
しかも左手あげたら観客に顔が見えないし。キミらしすぎて笑えます。
いいんです。これがキミなんです。うん。
これでも博士がキミの顔が写るように頑張ってくれました。ありがとう、博士。

さて、レースはポールポジションを取ったベッテルが安定した走りをみせ、穏やかなレース展開でした。
最後残り8周でセーフティーカーが入り、残り4周で再スタート。若干穏やかすぎるレースだったので、このリスタートは大盛り上がりでした。
特にKERSを積んだ4位のキミが同じくKERSを積みながらもKERSが故障してるという3位のハミルトンを攻める所は震えました。結局抜けなかったけど、攻めてくれて面白かった!

しかしキミはあのマシンで良くやった!
5位だったキミが4位のハイドフェルドを攻め続け、もしかしたらコース上でオーバーテイク!なんて個人的に盛り上がってました。ちょっと周回が足りなかった、あと2〜3周あれば。しかし見事ピットアウト後はハイドフェルドをパス。途中なかなかロズベルグやブラウン軍団がピットインしないので、順位が分からなくってヒヤヒヤしました。
結果4位でポディウムには乗れませんでしたが、本当に良くやったと思います。
もう開発も止めてしまったフェラーリ。しかもアロンソのフェラーリ入りが正式に発表され、キミがフェラーリを追われる形で去る事が分かったGPでした。
相当やる気がないんじゃないかと心配してましたが、やれる事は全部やってくれた気がします。
さすがです。
この先キミがどの道を選んでも応援して行きたいと思います。
出来ればF1でお願いします。>キミ様

DATE:2009-10-04 国際レーシングコース 5.807km
決勝結果
1 S.VettelRed Bull Racing Red Bull Racing おめでとー!
2 J.TrulliPanasonic Toyota Racing 盛り上がってたね、赤い人たち。
3 L.HamiltonVodafone McLaren Mercedes やっぱり速い貴方がイイ!
4 K.RaikkonenScuderia Ferrari Marlboro やっぱりキミはイイ!
5 N.RosbergAT&T Williams さりげなくポイントゲット!
6 N.HeidfeldBMW Sauber F1 Team 存在感があったような、なかったような。
7 R.Barrichello Brawn GP Formula 1 Team 実は応援してました。
8 J.Button Brawn GP Formula 1 Team グズグズ。
9 R.Kubica BMW Sauber F1 Team 復調の兆し?
10 F.Alonso Renault F1 Team 本当についてなかったね。
11 H.Kovalainen Vodafone McLaren Mercedes KYだったけど、リスタートありがとう。
12 G.Fisichella Scuderia Ferrari Marlboro フェラーリの車大変でしょう?
13 A.Sutil Force India F1 Team マジ応援します。
14 V.LiuzziForce India F1 Team 木曜日歩いてたんだって?
15 K.Nakajima AT&T Williams ノーコメント
16 R.Grosjean Renault F1 Team 意外とイケメンでビックリ。
17 M.Webber Red Bull Racing 意地のファステスト。かっこ良かった。

NOT CLASSIFIED
11 J.Alguersuari Scuderia Toro Rosso 頑張れ
12 S.Buemi Scuderia Toro Rosso 頑張れ

------------
鈴鹿サーキットに初めて行った感想です。
「ようこそ!鈴鹿サーキットへ!」と言う気持ちと雰囲気が会場全体に溢れていて、何だか涙が出るくらい嬉しかったです。
人災とも言える、あの氷のように冷たく無機質なFSW2007を経験している私にとって、今回が本当の意味での日本GP初観戦でした。

鈴鹿で行われるF1GPに誇りを持ち、サーキットで働いているスタッフが皆楽しそうに働いています。

多くのスタッフからプロフェッシャルを感じました。
お祭り気分の楽しさも会場を包んでいて、サーキット、ファン、街皆で力を合わせて日本GPを成功させよう!と言う一体感を感じました。

おかえり鈴鹿!ただいま鈴鹿!

来年も絶対に鈴鹿に行きます!
[PR]
by amaguri-306 | 2009-10-20 19:32 | F1

2009年 F1日本グランプリ観戦記(フリー走行&予選:土曜日)

昨日の雨は止んで、カラッと秋空。
暑いぐらいの鈴鹿でした。

先日ほとんど走行出来なかったので、フリー走行の3回目はどのマシンもバリバリ走ってました。
b0011068_17483662.jpg
ニコ。お父さんがワールドチャンピオンのサラブレッドです。何ケ国語も操り、紳士でクールな貴公子と言ったイメージです。最近確実にポイントを取っています。
彼、もっと速いと思うのです。もしチームが変わったらそれこそチャンピオンを争える逸材だと思います。
ウィリアムズのホームページでニコのポートレートが満載(イケメンに限る)なのですが、これが超やばい。
反則技のイケメンぶりに。。好きになってしまいました。
才能あふれる貴公子から今後目が離せません。

b0011068_17543556.jpg
コバライネン。キミと同じフィンランドの選手です。鈴鹿ではサーキットに向かう車からわざわざ降りてサインをしてあげたり、窓を開けて手を振るなどファンサービスばっちりだったらしいです。
しかしそんな努力?もむなしく来季はシートを失うと言われています。
セカンドドライバーと割り切っているのかコース上でハミルトン(チームメイト)に道を譲った時、私の中で「彼はいつか簡単にシートも譲ってしまう(失って)しまうんだろうな〜』と思っていました。
しかし安定した走りがあるので、他のチームに行ったら結構地味にポイントを稼げる気もするのです。照れた笑顔が自信に溢れる笑顔になる姿も見てみたい気もします。

b0011068_1759849.jpg
アロンソ!(キミを追い出し)来年はフェラーリのエースドライバーとなる事が日本GPの日程中に発表されました。
始終ご機嫌な様子でした。
うーん、でもアロンソだから仕方ないか。。
アロンソが鈴鹿の130R(高速コーナー)で皇帝シューマッハを抜くのをテレビで見た時、私のF1魂に火がつきました。
「何、これ、すごい!」と、私のF1好きのきっかけを作ったアロンソ様なのです。
彼のドライビングはやはりスゴい。魂もすごい。カッコいいと思うのです。
プロとしての責任と使命を分かっていて、ファンサービスにも手を抜きません。
ドライビング命のキミとはキャラクターが違いますね。。


さて、予選は赤旗中断が何度もある大荒れの展開。
トヨタのグロックがクラッシュしたときは「もしかして!!嫌だ〜!」と思う程の会場の雰囲気。
息を飲んで見守る観客。グロックの無事を知ったときは会場が「わぁ〜本当に良かった」と拍手した程です。
今更ながら、命をかけたドライバー達はスゴいのです。
今回クラッシュしたのはほとんどが鈴鹿を走るのが初めての新人ばかり。
昨日のフリー走行がほとんど出来なかったのも今回の大荒れの原因の一つだったかもしれません。
新人君達は鈴鹿は難しいだ、危険だと言ってますが、ハミルトンやベッテルも初めてなんですよね。でも彼らは速かった。
世界で20人しかいないF1ドライバー。
才能、運などに恵まれた素晴らしい人たちばかりなのですが、そのうちのやはり一握りの人がトップなんだな〜と実感した訳です。
そういえばキミも楽々と運転しているように見えるんです。
つまりそういう事なのです。

前日のウェットコンディションと違い完全なドライ。
見た感じからして明らかに昨日より速い!速い!速い!
空の明るさからとてもマシンが綺麗に発色しているのですが、全くその速さにカメラが(私の腕が)着いて行きませんでした。

私が観戦した席はC2。第2コーナー、グワーーンと加速するのが見えるとっても素晴らしい席でした。
前日撮りすぎて途中で電池切れスレスレ&替えの電池をホテルに置いて来てしまった事に気がつきました。そしてあまりに写真が撮れない事に心が折れました。
なので、とりあえず予選はキミだけを撮りました(笑)

b0011068_1831215.jpg
この席で思ったのですが、こんなに縁石を攻めて走っていたのはキミが一番だった気がします。
。あとハミルトンも上手に縁石を使っていたかも。
他の人とラインが明らかに違っていたのがコバライネンとカズキ君でした。速いなら良いんでしょうけど。

b0011068_1851488.jpg
この赤いマシンのキミを見るのは今年が最後。と言うよりもF1から引退しちゃうかも。。それだけは止めてほしい。
キミの走りはキレた時もスゴいのですが、クールで非常に繊細だと思うのです。
オーバーテイクも美しい。見る方がドキドキしてしまうピンチの時も、慌てずしっかりドライビングするし、突然思いついたようにゴリゴリと攻める時なんか輝いてるんです。
もちろんイケメンだから好きなのもあるのですが、彼の超一流のドライビングテクニックと酒好きでツンツンな性格が堪らないのです。

b0011068_1814778.jpg
無理矢理トリミングで拡大(笑)
来年は何色?
出来ればシルバー辺りで、もう一回チャンピオンになって欲しいです。

予選結果(イエローフラッグ中のゴタゴタで何だか予選結果が良く分からなかったのです。)
鈴鹿サーキットに掲載されていた結果です。
予選結果
1  S.Vettel Red Bull Racing
2  J.TrulliPanasonic Toyota Racing
3  L.HamiltonVodafone McLaren Mercedes
4  A.Sutil Force India F1 Team
5  R.Barrichello Brawn GP Formula 1 Team
6  N.Heidfeld BMW Sauber F1 Team
7  J.Button Brawn GP Formula 1 Team
8  K.RaikkonenScuderia  Ferrari Marlboro
9  H.Kovalainen Vodafone McLaren Mercedes
10 S.Buemi Scuderia Toro Rosso
11 N.Rosberg AT&T Williams
12  F.Alonso Renault F1 Team
13  R.Kubica BMW Sauber F1 Team
14  T.GlockPanasonic  Toyota Racing
15  J.Alguersuari Scuderia Toro Rosso
16  G.Fisichella Scuderia Ferrari Marlboro
17  K.Nakajima AT&T Williams
18  R.Grosjean Renault F1 Team
19  V.Liuzzi Force India F1 Team
[PR]
by amaguri-306 | 2009-10-17 18:17 | F1

2009年 F1日本グランプリ観戦記(フリー走行:金曜日)

ぐずぐずしてたら、鈴鹿からもう二週間も経ってしまいました。え〜っと、のんびりとアップして行きます。

さて、フリー走行一日目。前日の夜から激しい雨がサーキットでは降っていたようです。
様々な経験から我らの雨対策はバッチリです。
何が起きても対応出来るように合羽、丈夫な靴、防寒具、そしてカメラ用の合羽も用意していたので完璧です!
何より雨が降っても鈴鹿でF1を見れるという興奮で心は晴れ!と言う前向きな気持ちで一杯でした。(これ重要)
同行者も全員前向きなので、どんな状況でも楽しめてこれまた楽しかったのです。

フリー走行1回目の時間には雨はだいぶあがりましたが、路面は完全ウェット。
予選、決勝は晴れるという予報があったので、果たして何台のマシンが走ってくれるのか?ドキドキして待ちます。

せっかくデジタル一眼レフ買ったんだし、下手でも写真を撮ってみたら楽しいに違いない!
そんなこんなで、鈴鹿に来る直前慌てて望遠レンズ(タムロンの70/300、なんと1万6千円ぐらい!)を購入。全く試しもせずにそのまま鈴鹿に持ち込んだ次第です。

現場で「流し撮りってどうやるの?」とボソリ。
初めての流し撮りがF1と言う何ともチャレンジャーぶりを発揮してきました。


フリー走行1回目開始。
さあ、初めてのターゲットは?
訳も分からずとりあえずシャッターを押してみたらなんとキミでした。
b0011068_1461495.jpg
愛の力?初めての流し撮りがキミだった!なんか超嬉しい!

本当に流し撮りは難しい!
しかし!これが本当に楽しい。

ピンぼけ!速すぎて画面に入ってない!マシンのお尻しか写ってないんですが?など可愛らしい写真を500〜600枚程撮ってきました。
b0011068_1511848.jpg
ハミ尻です。

でもあの現場にいて、自分で撮った写真というのは自己満足ですが非常に愛おしい思い出となりました。
愛機はペンタックスのk-mなのですが、F1マシンを望遠レンズで流し撮りという状況は想定外だったようです。(当たり前か!)
連写がかなり厳しかったのです。博士のk-7を使わせもらったら感動的な連写でした。
う〜ん羨ましい。良いカメラだ。
一年に一回だけだけどk-7とかがものすごーく欲しくなったヘタレです。

さて、自己満足の域を全く超えない写真達ですが、可愛いです。
b0011068_1464614.jpg
縦に構えてキミを流し撮り。斬新?縦アングルの流し撮り、めちゃくちゃ難しいんですよ(笑

b0011068_1471333.jpg
天才ベッテル君。なんかこっち見てない?w

b0011068_1474831.jpg
個人的には逆転ワールドチャンピオンになってもらいたいバリチェロ。

b0011068_14123470.jpg
なんだかグズグズであまり存在感がなかったバトン様。

b0011068_1482587.jpg
何故かものすごい枚数を撮っていたクビサ。

b0011068_1492270.jpg
一番多く撮ったはずのキミですが、あまり上手に撮れない。けど自分で撮った写真だからなんか嬉しい。

b0011068_141069.jpg
奇跡の一枚。フリー走行。一度はトップに立ったカズキ君でしが、終わってみたらコバライネンがトップでカズキ君は2位でした。空気読んでくれ。翌日の新聞(鈴鹿近辺で売られている限定版?)は「カズキ2位!!」的な見出しでした。フリー走行だけどな。

フリー走行2回目は土砂降り。
ほとんど走行は不可能です。
全くマシンが走ってない状況で琢磨が贅沢に解説席にいました。
彼、解説者として本当に才能があると思います。
分かりやすく、そしてドライバー目線の話を上手にいれつつ、ちょっとした秘話やマニアな話をスパイスにあの見事一台も走っていないサーキットの解説をやり遂げました。すげー
もはやチームラジオを聞き取れなくなって来た上に、ほとんど居酒屋のF1好きな意地悪オヤジトークの川井ちゃんの代わりに琢磨にしませんか?>CSの解説。
でも個人的にはもう一回琢磨にはF1に復帰してほしい所なのですが。。。

という事で、予選/決勝に続く。
[PR]
by amaguri-306 | 2009-10-17 14:26 | F1

2009年 F1日本グランプリ観戦記(ピットウォーク)

憧れの鈴鹿に行ってきました。
1週間経った今でもまだ楽しかった思い出で幸せいっぱい。
長文&浮かれっぱなしのエントリーですが、興味のある方はどうぞ。
---------
2009年の日本GPレース日程は10月2日〜4日ですが、前日の木曜日からファンイベントが色々と開催されています。

その一つに「ピットウォーク」というファンサービスのイベントがあります。
普段は入る事の出来ないピットを間近で見学させてくれるというF1ファンには堪らないイベントです。
ちなみピットウォークは抽選です。鈴鹿サーキットのHPをこまめにチェックをしていてこのイベントを知りました。(来年も鈴鹿サーキットのホームページをマメにチェックすることにします。)

さて今回同行者全員が見事ピットウォークに当選!!したので、この夢のようなイベントから鈴鹿が始まりました。
b0011068_10205752.jpg
パス!サードセッションは10:15から。東京から始発の新幹線に乗って間に合うギリギリの時間だったかも。
同行者全員が同じセッションだった事、一番遅い時間のサードセッションに割り振られた事。もしかしたらその辺りも鈴鹿は考えてくれたのかもと思いました。鈴鹿贔屓過ぎ?(笑
チケットの下2桁がサイン会の抽選番号でした。(外れちゃったけど)

コースを越えてピットに向かいます。
b0011068_10333791.jpg
スタートのあのシグナルと一緒に記念撮影。超嬉しい。普通絶対入れない!分かるかな〜この興奮(笑
きっと興味ない人にはどうでもいい場所なんだろうな〜(笑

b0011068_11182748.jpg
ピット出口にも大興奮。。意外と広いんだ〜
ピット作業を終えたマシンがココからゴーーッと出て行く場所です。ああ、萌える(笑

フェラーリなど人気チームの前は黒山の人だかり。順番を待って見学します。
あまりの人の多さに、私は他のチームから回る事にしました。
b0011068_10263341.jpg
「撮りF」ちゃんな訳です。
もう嬉しすぎて何がなんだか。
もはや何が撮りたいのかすでに分からない状態。
とにかく普段はテレビでしか観れないような光景が生で観れるのに大興奮です。

b0011068_1029691.jpg
今季で撤退のBMW。クビサとハイドフェルドさんのマシンノーズ。F1マシンはパーツだけでも綺麗で格好良いのです。
クビサは来年ルノーですね。彼も将来はチャンピオン争いに絡む良いドライバーだと思っています!ルノーでも頑張ってね、クビサ!

ピットウォークと言っても自由気ままに歩き回れる訳ではありません。
「これ以上入っちゃダメよ」というロープが張ってあります。
そのロープの側で何やら座り込んでるクルー。
b0011068_10395055.jpg
ポールを磨いてる!
さすが名門チームは違います。今回鈴鹿に行って一気に好きになってしまったチームがウィリアムズです。なんか違うんだよな〜
b0011068_1057582.jpg
良くテレビに映っているクルーが快く記念撮影に応じてくれました。すごい優しい!フェラーリの帽子かぶってるのに。
ちなみにフェラーリのクルーには軽くスルーされました(笑 フェラーリの帽子かぶってるのに。
---多分来年はウィリアムズのシャツ着ていきます。

F1マニアファンが所狭しとワラワラ集まっているピットウォーク。
まさかそんな場所にドライバーがいる訳ないよね〜と思っていたら、普通に歩いてました。
KSKです。「K急に Sスティールが K来たから」↓
b0011068_10465378.jpg
ちなみに写真のスーティルの左手の先には旦那が握手してもらっています。ずるい(笑)!
私は握手をしてもらうタイミングを逃しました。
さすがF1ドライバー。普通に歩いていてもオーラ出てました。
スーティルの他にもグロージャンも普通に歩いててビックリ。
ピットの奥にベッテルも見え隠れしてたらしく、女の子がキャーキャー言ってました。
新人ドライバーのファンサービス?!ですね。
でも実際一目でもあうと、ファンになってしまうものです。
手のぬくもりを知った旦那はすっかりスーティルが好きになってました(笑

b0011068_1152526.jpg
いつでも大人気のフェラーリ。キミを放出したフェラーリ。

画像をパソコンに取り込んでみたら、なんだか沢山同じような写真を一杯撮っていました。
下手ながらも、あの場の雰囲気を一生懸命残そうとしたみたいです。
しかしあまりに沢山ありすぎるのでアップするのは数枚にしておきました(笑
ピットウォークって何?って雰囲気が伝わると嬉しいです。

あの場に立って、あの空気を味わえたのは本当に良い思い出となりました。
興奮しながら写真を撮ったり、あれこれと見学したり。本当に楽しかった。
出来ればまた来年抽選を当てたいです!

同行友人の観戦記→マシンの素敵な写真が満載♪写真集の一部みたい。

木曜日はV席(メインスタンド)が解放されていました。
ここでのんびりサーキットの風を味わえたのも楽しかった。
来年は是非V席を狙いたいな。

b0011068_11155497.jpg
鈴鹿で少年に戻る大人達。

追記:メインスタンドでまったりしてたら、ドライバーがコースの下見をしてました。
b0011068_1524135.jpg
(↑博士撮影)なんとベッテル君、バトン様(with道端)、一貴くんがテクテクとコースを歩いてました。
ベッテル君は観客席に向かって手を振り、バトンも時折観客席に顔を向けて軽く手を挙げ、道端さんはぴょんぴょんと嬉しそうにバトンにくっついました(笑)
さて、一貴くん。母国グランプリ、多くの観客が「カズキー!!」と声をかけているのに、(聞こえる距離です。)一度も観客席に手を振るどころか見もしませんでした。ピットクルーには両手で手を振ってましたが。。
ほんの30秒でもいい、コチラを見て手を振る事でどれだけのファンが喜ぶことか。
しかも木曜日から来てる人なんて、間違いなくF1大好きなファンですよ。
多くのファンが「日本」を応援したい気持ちが潜在的にあるはずです。
キミファンの私だってそういう気持ちを込めて「かずき〜」と声をかけたぐらいです。
その程度のドライバーなのかとちょっと残念。ま、別に良いけど。

明日からはいよいよコースを走るマシンとエキゾーストノートを味わえます!
[PR]
by amaguri-306 | 2009-10-10 11:22 | F1

鈴鹿最高!

b0011068_1382078.jpg

木曜日から鈴鹿にてF1にどっぷり浸かってます。
初鈴鹿、最高です!
今、公式予選待ち。ビール飲んでまったりしてます。
とにかく雰囲気が最高に良く、F1ファンとしては夢のような時間です。
鈴鹿を取り巻く街も温かい。

おばあちゃんになってもF1グッズに身を包んで観戦に来たいと思わせるそんな場所です。実際そんな素敵な老夫婦もいました(*^o^*)いいな〜
[PR]
by amaguri-306 | 2009-10-03 13:08


飲んだくれ主婦の日常


by amaguri-306

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
あお君ジャーナル:愛犬
犬ご飯(あおレシピ)
グルメ&酒
飲み会
旅行:神戸
旅行(国内)
旅行(海外)
日常
スキー
読書感想
手芸部
お江戸散歩
ダイエット
平成バカ田大学
ネイル
F1
ビアガーデン
美容?!
大学
デジタル一眼レフ
2011年タイ旅行(サムイ)

★about me★

★博士(夫)と愛犬(あお君)とのんびり楽しく東京で暮らしている。
★酒が好きな食いしん坊!

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月

フォロー中のブログ

TOKIOで遊ぶ
ナガシマブログ
SAVA家の日記NEW!
美味つれづれ
★フレンチブルドック:あ...
がんもどきのがんも
愛犬中心的生活日記
ボステリ☆Ramiro ...
Happy Life BLOG
黒パグのリンちゃん♪♪
武蔵くんの縁側日記

ライフログ

アマグリお気に入り

Twentysomething [UK]


ルーム・フォー・スクエア


Catching Tales

最近はまった本

深尾くれない


ぼんくら

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧